「会員ネット」利用の前提として下記の利用規約にご同意いただいております。あわせて利用にあたっては当機構の会則も適用されますのでご注意ください。会員同士が快適に利用できるよう、ご理解とご協力をお願いします。

「投資機構会員ネット」利用規約

本規約は、日中投資促進機構(以下「当機構」という)が運営者として提供する、会員制ネットワーク・サービス「投資機構会員ネット」(以下「会員ネット」という)の利用および管理に関する事項を定めるものであり、当機構と「会員ネット」利用会員(以下「利用会員」という)との間の一切の関係に適用されます。


第1条(利用規約)
当機構が「会員ネット」の「伝言板」で随時告知する諸規定は、本規約の一部を構成するものとします(以下、本規約と諸規定をあわせて「利用規約」という)。当機構は、「伝言板」への表示により、利用会員の承諾なく本規約および諸規定の変更を行うことがあります。


第2条(入会条件・手続き)
1.「会員ネット」の利用会員は、当機構の会員(会員の本部その他の国内組織および中国の現地法人、支店、駐在事務所等)に所属する個人とします。
2.「会員ネット」への入会手続きは、本規約を承諾の上、利用会員登録を申し込み、当機構の承認をもって完了します。当機構は、利用会員登録を承認した後、申込者に対し識別番号(以下「ID」という)を発行します。
3.当機構は、申込者の登録申請が適切でないとき、その他当機構が「会員ネット」利用者として不適当と判断した場合、入会を承認しないことがあります。
4.当機構会員以外の企業・在中国現地法人等の「会員ネット」利用について、当機構が他の利用会員または「会員ネット」の運営に有益と判断したときは、特別に入会を認めることができるものとします。


第3条(ID・パスワードの管理と責任)
1.利用会員は、IDおよびパスワードを第三者に利用させることはできません。
2.利用会員は、IDおよびパスワードの管理・使用について一切の責任を負うものとします。当機構は、IDまたはパスワードが第三者に使用されたことにより利用会員が被る損害については何らの責任も負いません。


第4条(変更事項の届け出等)
利用会員は、IDもしくはパスワードを失念したとき、または住所、連絡先、その他当構への届け出事項に変更を生じたときは、当機構宛に電子メールまたはその他の書面形式により速やかに届け出るものとします。変更届を行わないことにより、当該利用会員に不利益が生じることがあった場合、当機構は何らの責任も負いません。


第5条(情報登録の注意)
1.利用会員は、以下に該当する情報または発言を「会員ネット」に登録することはできません。

  • 1)公序良俗や法律に違反するもの
  • 2)犯罪的行為に結びつくもの
  • 3)他の利用会員または第三者の著作権、営業秘密、パブリシティーその他の財産権もしくは名誉、プライバシー等の人格権を侵害するもの
  • 4)他の利用会員または第三者に不利益を与えたり誹謗中傷するもの
  • 5)「会員ネット」の円滑な運営を妨げると当機構が判断するもの
2.当機構は、利用会員により「会員ネット」に登録された情報もしくは発言が前項に該当すると判断した場合、または「会員ネット」の運営上不適当と判断した場合は、利用会員に通知することなく、当該情報・発言を削除することができます。
3.利用会員が「会員ネット」の利用により、他の利用会員または第三者に損害を与えた場合、当該利用会員は自己の費用と責任でこれを解決するものとし、当機構は何らの責任も負いません。


第6条(運営上必要な削除等)
当機構は、利用会員が「会員ネット」に登録した情報または発言等が当機構の所定の期間もしくは量を越えた場合、「会員ネット」の運営および保守管理上の必要がある場合、または「会員ネット」の運営上必要と判断した場合には、利用会員に通知することなく、登録情報等の全部もしくは一部を削除、消去し、または移動、変更することがあります。


第7条(私的利用以外の利用の禁止)
利用会員は、当機構が承認した場合(当該情報に関して権利をもつ第三者がいる場合は当機構を通じ当該第三者の承認を得ることを含む)を除き、「会員ネット」を通じて入手した情報を、私的利用の範囲を超えて複製し、出版し、販売する等の方法により使用することはできません。第三者に対しても同様の行為をさせてはならないものとします。


第8条(当機構による「会員ネット」掲載情報の利用等)
1.当機構は、当機構および「会員ネット」の広報目的に限り、利用会員の許諾を得ず、利用会員が「会員ネット」に登録した情報(会員の個人情報を除く)を当機構が発行する刊行物、および他の刊行物に掲載する等の利用ができるものとします。利用会員が「会員ネット」の利用会員でなくなった後も同様とします。
2.利用会員は前項の場合、著作者人格権を行使しないものとします。


第9条(内容の不保証および免責)
1.当機構は、「会員ネット」を通じて提供する情報、利用会員が登録する情報、文章等について、その完全性、正確性、有用性等を保証するものではありません。
2.当機構は、「会員ネット」の利用により利用会員に損害が生じた場合、その責任を負わないものとします。


第10条(利用料の取扱い)
「会員ネット」の利用料は、当機構会員に限り、当分の間これを無料とします。


第11条(退会および会員資格の喪失)
利用会員が会員ネットから退会を希望する場合は、電子メール及びその他の書面形式により当機構に届け出るものとします。なお、利用会員が会員会社から退職した場合(又は退職が判明した場合)には、利用会員としての資格を失い、当機構はその事実を確認した時点でIDを削除できるものとします。また、当機構の会員会社でなくなったときは、その会社に所属する利用会員は自動的に利用会員の資格を失います。


第12条(除名処分等)
1.利用会員が次のいずれかの事由に該当すると当機構が判断したとき、当機構は利用会員に事前の通知なく、IDの使用を一時停止し、または利用会員資格を剥奪して除名処分とすることがあります。

  • 1)登録申込みにおいて虚偽の登録をした場合
  • 2)入力されている情報の改ざんを行った場合
  • 3)IDまたはパスワードを不正に使用した場合
  • 4)「会員ネット」の円滑な運営を妨害した場合
  • 5)本会員規約の条項に違反した場合
  • 6)「会員ネット」を使用して違法な行為を行った場合
  • 7)その他当機構が利用会員として不適当と判断した場合
2.第1項に該当する利用会員の行為により当機構が損害を受けたときは、IDの使用停止または除名処分の如何にかかわらず、当機構は当該利用会員に対して損害賠償を請求できるものとします。


第13条(サービスの変更、中断および停止)
1.「会員ネット」上で提供するサービスは、当機構がその時点で提供可能なものとします。当機構は、「伝言板」への表示により、利用会員の承諾なく提供するサービスの内容を変更し、または廃止することがあります。
2.当機構は、定期もしくは緊急保守または災害・天災など諸般の事情により予告なく「会員ネット」のサービスを一時的に中断もしくは停止することがあります。
3.いかなる理由によって「会員ネット」サービスの提供の遅延、中断または停止が発生した場合にも、当機構はそれにより利用会員に生じた損害について何らの責任も負わないものとします。


第14条(本規約の実施)
本規約は2001年8月10日から実施します。2004年1月5日第11条一部改正、実施。


日中投資促進機構
e-mail:members@jcipo.org