All Posts Blog: JCIPO INFORMATION
All Posts Author: JCIPO

【ご案内】2022年度上期「駐日代表処の集い」オンライン視聴のご案内

当機構では毎年2回、中国各地の駐日代表の皆様との定期交流会として「駐日代表処の集い」を開催し、各駐日代表処の活動状況、現地トピックス、今後予定されるイベントなど最新状況を共有し、会員企業の皆様の中国事業における課題解決向け活動してまいりました。 今回、はじめての試みとして本会を会員企業の皆様にもオンラインで公開し、各駐日代表から各地の最新状況を直接お聴きいただけるイベントといたしました。皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます。 【名称】 2022年度上期「駐日代表処の集い」 【日時】 2022年9月16日(金) 15:00~17:00(日本時間) 【場所】 Zoom/Teams によるオンライン開催 【会議参加者】 ・中国国際貿易促進委員会(共催) ・中国駐日大使館商務処 ・駐日代表処代表(約20か所/30~40名程度想定) *機構会員企業にオンライン公開 【式次第(案)】 ・主催者挨拶 :日中投資促進機構(岡事務局長)   :中国国際貿易促進委員会駐日代表処(鞠文永総代表) ・来賓挨拶 :中華人民共和国駐日本国大使館商務処(景参事官) ・各駐日代表処発言:日本での活動、現地トピックス紹介など(各地3~5分程度) お申込みはこちらから

【李克強首相 国務院常務会議を主宰】

7 26 2022
0
0

(2022/7月/22 中央人民政府HPより)  李克強首相は7月21日に国務院の執行会議を主宰した。有効な需要を持続的に拡大する政策措置を展開し、経済発展・回復の牽引力を強化する。 会議は第3四半期は経済安定と回復の重要な窓口であり、極めて重要であると指摘した。 政策に基づく開発金融商品や特別債などの政策効果の開放にはまだかなりの余地がある。 会議は消費は人々の生活と密接に関連しており、依然として経済の主な牽引力であると指摘した。 金融機関がコロナ禍の影響を受けている個人消費者向けの融資をより柔軟に行うよう支援しなければならない。 輸出入に対する金融支援を強化し、企業に為替リスク回避などのサービスを積極的に提供する。 会議は法治政府を構築するには、国民と市場参加者の正当な権利と利益が保護されなければならないと指摘した。 「放管服」(「放」は、地方分権、市場参入の敷居を引下げること。 「管」は、公正な監督と公平な競争を促すこと。 「服」は、効率的なサービスと便利なビジネス環境を作ること。)改革を深化させなければならない。 (記事原文) http://www.gov.cn/premier/2022-07/22/content_5702362.htm  

【多国籍企業の人民元・外貨一体化資金プール試験措置の拡大】

7 26 2022
4
0

(2022年7月22日、中国人民銀行HPより) ・中国人民銀行と国家外貨管理局は7月22日、多国籍企業の人民元・外貨一体化資金プール試験措置の第二弾として、上海市や広東省、陝西省、北京市、浙江省、広東省深圳市、山東省青島市、浙江省寧波市に範囲を拡大し展開することを決定した。 ・多国籍企業の人民元・外貨一体化資金プール試験措置は2021年3月より北京市、広東省深圳市を対象に開始し、多国籍企業の本外貨の資金調達・使用効率を著しく向上させ、企業の為替リスク及び財務コストの効果的な削減に貢献している。 ・本試験拡大措置は、主に①試験地区と企業数を増加②多国籍企業の中国国内における海外グループ会社との人民元・外貨集中収支業務の実施③多国籍企業の人民元によるクロスボーダー収支業務の更なる利便性の向上を促進する。 ・また、中国人民銀行と国家外貨管理局は引き続き海外との貿易や投資、資金調達の利便性向上を促進し、市場志向で法に基づく国際ビジネス環境の構築に注力し、対外経済の安定的且つ健全な発展を支援する。 (記事原文) http://www.pbc.gov.cn/goutongjiaoliu/113456/113469/4612757/index.html

【協力】NPO法人 日本香港協会 ・ 二松学舎大学主催 「第17期チャイニーズ・マネジメント&マーケティング・スクール」のご案内(2022/10/6~2023/3/16)

平素は当機構の活動に格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。 日中投資促進機構では、当機構以外の団体が企画している一部のセミナーにつきましても案内を協力しており、会員さまがお申込みいただけるようにしておりますのでご活用ください(セミナーにより主催団体の参加条件もありますのでご留意ください)。 今回は、日本香港協会・二松学舎大学が主催されるオンライン開催セミナーをご案内いたします。 お申込みやお問い合わせは、主催団体に直接ご連絡をお願いいたします。

【北京だより】7月22日号

7 22 2022
0
0

7月16日(日)より、北京は「三伏」に入りました。「三伏」は初伏、中伏、末伏の総称で、「伏」は陰気が陽気に迫られて地下に隠れることを意味します。今年の「三伏」は合計40日で、8月24日(水)まで続きます。

【ご案内】「2022年日中経済協力会議-於吉林」(2022/8/23~26)(一般財団法人日中経済協会)

平素は弊機構の活動に格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。 弊機構では、弊機構以外の団体が企画しているイベントにつきましても案内を協力しており、弊機構の会員さまがお申込みいただけるようにしておりますのでご活用ください(セミナーにより主催団体の参加条件もありますのでご留意ください)。 今回は、一般財団法人日中経済協会様の「2022年日中経済協力会議-於吉林」をご案内いたします。 以下より、ご確認下さい。

最新情報
【オンラインセミナー】「ここまで進化している!若い中国富裕層~消費・インバウンドの動向、日本へ期待する事~」(2022/9/22)2022/08/17
【協力】TJCC「日中国交正常化50周年オンライン特別セミナー~これからの中国を投資先としてどう見るか?」開催のご案内2022/08/14
【産業政策】  2022/08/10
『「野尻眼鏡」中国盛衰記④』2022/08/09
【効率的かつ円滑な輸送網の確保】2022/08/09
第34回中国ビジネス実務セミナー2022/08/09
【協力】日本国際貿易促進協会「日中経済の新動向とグローバルサプライチェーンの再編」シンポジウムの開催ご案内2022/08/09
【オンラインセミナー】第34回中国ビジネス実務セミナー開催のご案内(2022/10/6,7)2022/08/09
【セミナー】SPEEDA 『中国の「今」を知るデジタル経済の成長 スタートアップ・ECビジネストレンド』(2022/8/23)2022/08/09
【セミナー】『東芝が進める、研究開発起点の新規事業開発とは』(2022/8/30)2022/08/09
【国家発展・改革委員会およびその他の部門による入札の厳格な運用強化について】2022/08/08
【中国共産党中央委員会政治局:経済状況と経済活動を分析・研究するための会議を開催】2022/08/08
【新会員をご紹介します】ワタナベフーマック株式会社2022/08/08
【商務部発表情報】2022/08/03
【ご報告】当機構事務局長岡豊樹の富山県日中友好協会主催講演会の内容が「日本と中国」新聞に掲載されました(2022/7/31)2022/08/03
【サービスアウトソーシング産業の新卒者の雇用誘致に関する積極的な取り組みに関する通知】2022/08/02
【ご報告】当機構の佐藤会長が「第二回中日産業イノベーション発展交流大会」にビデオ登壇いたしました。2022/08/02
【中国は世界一位の製造業大国としての地位を維持】2022/07/29
【北京だより】7月28日号2022/07/28
『第2回:中国企業の対米直接投資動向』2022/07/28
12345678910...