【挿隊的日子~下放の日々~】(8)

12 26 2017

8.死磕蚊蝿~ハエや蚊との徹底抗戦~

 

農村では、私たちは天候と戦い、畑と戦うだけでなく、ハエや蚊とも戦わなければならなかった。

農村のハエや蚊は、沢山いるのではない。もうめちゃくちゃにものすごく沢山いるのだ。
得意げにブンブン飛び回るハエは大胆不敵で、一日に何度顔にぶつかってくることか。太陽や風に晒されて農作業をしている私たちは皮が厚くなってしまっているからいいようなものの、そうでなければ皮膚を突き破られてしまう勢いだ。

ハエは人が嫌がるのを知っていながら体の上を独特のすり足で這いまわり、そのむずむず加減といったら本当にイライラしてしまう。
それにも増して腹立たしいことは、大きな口を開けることができないということだ。うっかりすると、ハエが口に中に飛び込んで旋回をはじめてしまうからで、不測の事態を避けるために、私たちはできるだけ口をすぼめていることになる。

一方、悪賢くて貪欲な蚊は、食い意地が張っていて隙あらば人を刺してくる。蚊に刺されて赤く腫れ上がったところがない者なんて一人もいない。蚊の口器はとても長く、女性看護師が手にしている注射器のようでもあり(刺してくるのはメスの蚊だけなので)、時代劇ごっこをして遊ぶ子供たちが振り回している赤い房の付いた長い槍のようでもあって、「一撃必“血”」が蚊の得意技。

刺されれば痒いのはもちろんだが、もっと悩ましいことは熟睡中に夜襲をかけられることだ。パチンパチンという蚊を叩こうとする音と、怒りの声が一晩中続く。蚊の方はというと、キーンという特有の周波数を発しながら、全く意に介さず、である。

蚊の襲来を迎え撃つため、私たちは蚊取り線香を焚いたり、蚊帳を吊ったり、農薬を撒いたりしたが、その効果は微々たるものだった。

そこで私たちは共倒れとなる強硬手段に打って出た。

DDT、DDVP、トリクロルホン、六塩化ベンゼンなどの濃度の高い農薬を薄めて、直接身体に塗りつけたのだ。効果は絶大。
これでハエや蚊を撃退することに成功した。ハエや蚊が寄り付かなくなったのはいいのだが、強烈に鼻を突く薬品臭で喘息を発症した者もいた。その上、皮膚アレルギーを起こして真っ赤に腫れ上がり、蚊に刺されたのと変わらなくなってしまった。これぞまさに一難去ってまた一難。

この「惨劇」は、夏から秋にかけて毎年きまって「再演」され、私たち全員がその「劇」の登場人物であった。


つづく

最新情報
【ご報告】中日投資促進委員会と事務局会議を開催しました2018/01/15
【北京の二十四節気】小寒-農村のイヌ屋-2018/01/05
【挿隊的日子~下放の日々~】(8)2017/12/26
【北京の二十四節気】冬至-砂鍋居-2017/12/22
【協力】ブランドキープサービス記念セミナー 「新しい商流文化」が描く「価値づくり」の未来へ 2017/12/12
【ご報告】江西省投資促進局ご一行が来訪されました2017/12/07
【ご報告】「駐日代表処の集い」を開催しました2017/12/07
【北京の二十四節気】大雪-アリババのスーパー-2017/12/07
【協力】日中経済協会主催「深セン前海蛇口 自由貿易試験区」説明会のご案内2017/12/06
【法令】『2018年一部祝祭日調整に関する通知』 2017/12/01
【挿隊的日子~下放の日々~】(7)2017/11/28
【協力】日中経済協会主催「第三国市場における日中民間経済協力」説明会2017/11/28
【北京の二十四節気】小雪-中国の新幹線-2017/11/22
【ご報告】2017年度 第1回「経営問題研究会」を開催しました2017/11/16
【ご報告】第27回中小企業支援委員会専門部会を開催しました2017/11/14
【北京の二十四節気】立冬-揚州行-2017/11/07
【挿隊的日子~下放の日々~】(6)2017/10/31
【ご案内】『初心者でもわかる!中国ビジネス担当者セミナー』のご案内(日本・香港)2017/10/30
【ご報告】2017年「中国外資政策セミナー(東京・大阪)」を開催しました2017/10/26
【ご報告】第3回『中国通関塾』を開催しました2017/10/26
12345678910...