『雪花菜』

11 22 2022

木枯らし一号が吹き、そろそろ年末年始用の本を図書館や書店で物色する季節になった。にわかに気合いが入るこの時期には心弾むけれど、ツンドクのまま年越しさせて、スゴスゴと図書館に返却する轍を繰り返してきた。ただ今年は先ず『雍正帝』(中公文庫)を買い、珍しく年末までに読み終わりそうな勢いがついてきた。

党大会直後の10月23日に、常務委員会(CHINA7)メンバーが決まってから「軍機処」という言葉が流行語になっているとのこと。その「軍機処」を初めて設けたのが、清王朝5代目の雍正帝ということで好奇心が湧いた。

最近一部開通したばかりの長崎新幹線から乗り継いで新大阪まで、山口県区間の睡眠以外は畏れ多くも雍正帝が旅の友になってくれた。

長崎では「第14回外国人居留地研究会2022全国大会」の末席を汚した。安政開港以来の函館・新潟・東京築地・横浜・大阪・神戸そして長崎の「開港7」の参加者が報告をした。

「稽古不足を幕は待たない」初舞台は不本意な結果であり、忸怩たる思いをした。敗残の一兵卒が行った報告(「大阪と中国人」)の抜粋を添付することで各位のご叱正をいただき、反省を深めたい。


江戸期大坂の玄関口は淀川水系下流の安治川と木津川の三角州の川口だった。1620年、船手奉行所が設置され諸藩の船や朝鮮・琉球の使節も川口を通った。1868年、開市・開港に合わせ船番所跡に造成した居留地26区画が競売された。居留地対岸の江之子島に大阪府庁も新築され、川口は大阪の政治・貿易の牽引役を期待された。居留地は大坂における西洋文化の発信地となる。

長崎、香港・上海などから渡来した中国人は居留地周辺の雑居地に住んだ。

開港から10年足らずで川口の港湾機能の劣化により外洋船の来航が途絶えた。大阪経済の退潮と相俟って、欧米商人や中国人が神戸へ移動した。居留地には、キリスト教宣教師が到来して教会・学校・病院・福祉施設を建て、後の桃山学院・立教・プール学院・大阪女学院等の教育機関の礎となった。

雑居地には、華南からの中国人の移住が続き、呉服行商や三把刀(料理・散髪・縫製)系の職業に従事した(キリスト教の布教活動と中国人の関係は不詳)。

20世紀の初頭、築港大桟橋の竣工と大阪起点の北アジア航路の就航があり、後背地の大阪では軽工業(綿糸綿布・人絹・雑貨)の伸張があった。それ以降、山東半島の芝罘(チーフ―)(煙台)・(ムー)(ピン)(ヤン)(マー)島などから大阪への短期単身駐在員が増加、多くは選抜された貿易商の子弟や社員であり、本社からの指示に基づいた買付け業務に従った。大阪地場の売込み商人との交流を深めて市場情報を得た。

川口には山東出身者が経営する「行桟」が発達した。「行桟」では宿泊・事務所機能に加えて、通訳・物流などの貿易機能をマンツーマンで提供した。部屋数と従業員数と駐在員数が概ね同数であることが特徴的である。山東系出身者を中心とする「北幇公所」に結集した川口華商は山東・天津・「満洲」と「大大阪」を繋ぎ、川口貿易は日本の大陸貿易の過半を占めていった。その頃、川口華商は信用重視・市場掌握・経費圧縮と同郷同業者の結束により、「大阪商人を鍛えた」とも言われる。また川口は大阪の中の中国として親しまれ、「中華料理と散髪は川口にかぎる」という言葉が残った。北幇公所が運営する振華小学校には函館の福建人子弟が就学していた記録もある。

1931年の事変下も川口華商は善戦したが、日貨排斥運動、円ブロック政策による輸出規制、本町あたりの大手商社による直接貿易の増加の為勢いを失った。戦争激化により貿易取引は細り、駐在員は帰国した。

1945年3月からの大阪大空襲や大阪港の機雷封鎖により、貿易は消滅した。振華小学校の教員児童の多くが帰国し、3月の空襲により校舎も焼失した。

戦争により「大大阪」と「中国市場」を無くした川口貿易の復活はなかった。帰国した華商は戦後も大阪に戻らず、中国貿易は1972年の国交正常化まで制約の多い状態が続いた。当然ながら「行桟」は消滅し、川口の中華料理店や理髪店は各地に分散していった。(後略)


以上の内容は平板な情報の繰返しであり、語りも不首尾だった。

長崎カステラの切れ端が安くて美味しいと教えてもらっていたが、長崎駅の土産物モールでは立派なA級品しか置いて居らず、B級おつとめ品は本店のみの販売とのことだった。切れ端が安いのは本体がしっかり利益を上げているからであり、美味しく感じるのは安価なせいもあるだろう。翻って切れ端素材だけを繋ぎ合わせた報告や文章は、所詮B級品格になるのだと自覚した。

在来線でリアス式海岸を走る眺めと揺れを愉しんだ記憶を再体験することは新幹線では難しかった。時間を短縮する目的で、景観と情緒を台無しにしてきた事例を長崎本線でも再体験することになった。

2010年代初めに浙江省から福建省にかけて、新幹線が建設された時代も思い出した。開業直後に発生した事故の原因は「豆腐渣工法」と呼ばれる手抜き工事だった。コンクリート支柱の中身がスカスカの「おから(雪花菜)工法」と訳していた。カステラの切れ端同様に「おから」も低コストではあるが、手抜きをすれば必ずしっぺ返しを喰うことを思い出した。しかし、長崎で自戒した舌の根も乾かぬ内に今月の「多余的話」でまた「豆腐渣・おから・雪花菜」工法をくりかえしている。

 

井上邦久 2022年11月)

最新情報
【財政・金融関連】2022/11/29
【実体経済を支え、金融強化の効果を高める】2022/11/29
【その他】 2022/11/29
【李克強総理 国務院常務会議を主宰 経済安定政策パッケージと接続措置が全面的効果をしっかり出せるよう手配】2022/11/29
【北京だより】11月25日号2022/11/25
【産業政策】 2022/11/24
【リチウムイオン電池の産業チェーンとサプライチェーンの協調的、安定的な発展に向けた工業・情報化部と国家市場監督管理総局の通知】2022/11/24
『雪花菜』2022/11/22
【米中関係】2022/11/22
【米通商代表部 キャサリン・タイ代表 中国商務部 王文涛部長と会談】2022/11/22
【習近平国家主席、岸田総理と会談】2022/11/21
【10月経済統計に関する国家統計局コメント】2022/11/21
【北京だより】11月18日号2022/11/18
【マクロ経済】2022/11/18
【ご報告】「第四期チャイナマネジメントスクール」(第1回)を開催しました(2022/11/17)2022/11/18
【協力】「陝西省-日本サービス貿易及び投資協力交流商談会」開催のご案内2022/11/17
【ご報告】イオンモール中国主催「日中共創オンラインシンポジウム」に参加し、ビデオにて基調講演しました(2022/11/15)2022/11/17
【ご報告】福岡貿易会主催「海外情勢セミナー」(11/14)で講演しました2022/11/16
【セミナー】上海市外国投資促進中心・華鐘コンサルタントグループ 第33回秋季中国セミナー(オンラインセミナー)当面の中国経済情況と日系企業事例報告(2022/11/25)2022/11/15
【ご報告】2022年度開講 中国マネジメントプログラム特別講座を実施しました2022/11/15
12345678910...