【北京だより】1月7日号

1 07 2022

北京は最近、一年中で一番寒い時期に入ってきています。今週は真冬の北京の生活情報等をご紹介します。

「三九四九氷上走」(三九四九は氷の上を歩く)と諺で言うように、「三九」は最も寒い時期で、朝晩は零度以下になっています(冬至からの9日間を「一九」、その次の9日間を「二九」と言い、9番目の9日間「九九」まで数えていきます)。今年の「三九」は18日から16日までです。冬になると、各種の肉類製品を販売する「一手店」がますます人気を集めているようです。ソーセージ、焼き鳥、豚の頭の肉、豚足、漬物などがこの「一手店」のブランド商品で、お客さんが多い場合、並んでいる時もあります。

 

また、向日葵の種、落花生及び様々なナッツ類、ドライフルーツ、甘栗等を経営している「干果張」も一年中において一番忙しい時期に入りました。中国の旧正月では、向日葵の種や落花生等を食べながら一家団欒する、或いはお客さんを招待する風習がありますので、各家庭においては普通、旧正月前でこのような店で向日葵の種等を購入しておきます。お客さんの見えるところで向日葵の種等を炒めながら販売する風景もあっちこっちで見られます。

 

冬の北京において、「糖葫芦」がまた登場しました。「糖葫芦」は「氷糖葫芦」とも呼ばれ、中国の伝統的な美食であり、果物を竹串で串に刺した後、水飴をつけて、冷めると硬くなります。「糖葫芦」は宋の時代では既にあり、清の時代に入って各地で人気になったそうです。下図は北京街頭の「糖葫芦」の様子です。  

 

また、年末には北京市では一気に9線路(一部は部分開通)の地下鉄が開通しました。特に、年度末の最終日、1231日には北京地下鉄19号線が開通しました。19号線は北3環路の「牡丹園」駅から始まり、南4環路外の「新宮」駅まで走り、北京市中心部の南北を貫く線路の一つです。片道で約24分で、サラリーマンの通勤時間を大幅に短縮できます。




 

特筆すべきなのは、地下鉄19号線は「草橋」駅で大興空港線との乗り換えを実現し、大興国際空港を利用する旅客にとってはとても便利です。

 

下図は19号線の車内座席の様子です。以前の線路に比べ、今回はより豊富な色彩を使っています。老人や障碍者、妊婦等のために設置した「愛心座椅」は依然として黄色で表示します。開通する時間はまだ短いせいか、車内の乗客は未だ少ないようです。



以上

最新情報
【セミナー】「中国カーボンニュートラル戦略と知財政策を紐解く」(2022/2/18)(主催:SPEEDA China)2022/01/26
【王受文 商務部副部長兼国際貿易交渉副代表 WTOの非公式閣僚会議に出席】2022/01/25
【ご報告】新春中国経済セミナーを開催しました(1/21)2022/01/25
【ご報告】中国大使館経済商務処・宋公使が来訪されました2022/01/24
【政府8部門『第14次5ヶ年計画 スマート製造発展計画の通知』の発布】2022/01/24
【ご報告】株式会社コーポレイトディレクションとの共同企画「第二期チャイナマネジメントスクール」(第3回)を開催しました。(1/20)2022/01/24
【お知らせ】職員の勤務体制について2022/01/21
【北京だより】1月21日号2022/01/21
【その他】2022/01/20
【発改委 記者会見でマクロ経済の状況を説明】2022/01/20
【セミナー・イベント】日中経済貿易センター第 88回専門講演会「中国ビザの現状と最新の渡航情報」のご案内(2022/2/17)2022/01/19
【商務部発表情報】2022/01/18
【王文涛部長 機関紙『求是』へ寄稿】2022/01/18
【WEBパネルディスカッション】「中国における脱炭素、環境政策の動き~日本企業の対応を考える~」(2022/2/24)2022/01/18
【国務院「第14次5ヶ年計画 デジタル経済発展計画の通知」】2022/01/17
【北京だより】1月14日号2022/01/14
【ご報告】オンラインセミナー(第12回)を開催しました2022/01/14
2022年 事務局長 活動報告2022/01/14
【ご報告】日本大学危機管理学部の講義に講師として参加しました2022/01/14
【地域包括的経済連携協定(RCEP) 2022年1月1日正式発効】2022/01/13
12345678910...