【北京だより】9月24日号

9 24 2021

最近、久しぶりに故宮に行きました。今週は秋の故宮の様子をご紹介します。

先ずは南の午門から故宮に入りました。「午門」は紫禁城の正門であり、真ん中の門は普段、皇帝しか使えないそうです。面白いのは正面から見ると、「午門」は三つの門しかないですが、後ろから見ると五つの門になっています。

 

「午門」の北側は「内金水橋」です。「内金水橋」は、太和広場の前に位置し、五つの橋から「弓」の形になっています。真ん中の橋は皇帝専用の「御路橋」で、両サイドの橋はそれぞれ「王公橋」(王室の方が使う)、「品級橋」(三品以上の大臣が使う)と呼ばれています。

 

「内金水橋」を経由し、「太和門」を通過すれば、雄大な太和殿に到着しました。「太和殿」は紫禁城では一番重要な存在であり、「金鑾寶殿」とも呼ばれています。昔の皇帝が重要な朝典を挙行する場所です。最初は明代に建てられ、現存するものは清の康熙時代に再建されたものです。また、太和殿は紫禁城の中で最大、最高級の宮殿でもあります。

 

 「太和殿」の北側は「中和殿」と「保和殿」です。この二つの建築物は「太和殿」より小さいです。「太和殿」、「中和殿」、「保和殿」は合わせて「前三殿」と呼ばれています。

 

「前三殿」の見学が終わり、次には皇帝と皇后及び女官達が生活する「后三宮」エリアに到着しました。后三宮とは、乾清宮、交泰殿、坤寧宮の三宮とその関連区域の総称で、部屋数は420余りだそうです。下図は乾清宮の様子です。

 

また、中軸線にある建物以外、「文淵閣」と「暢音閣」、「九龍壁」も見学しました。文淵閣は昔の蔵書棟で、二階建てで、屋根は黒い瑠璃瓦で覆われています。陰陽五行説では、黒は水を表すので、火を制するための意味があるのだそうです。

  

暢音閣は寧寿宮区の中央部にあり、紫禁城で最大の芝居専用の楼閣です。「暢音」とは、楽音を思う存分楽しむという意味です。内には上中下三段の台があり、上段は「福台」、中段は「禄台」、下段は「寿台」と呼ばれています。中国古代では、演劇は宮廷の主な娯楽でした。各種の祝日、例えば元旦、立春、中秋などの際には、宮中で芝居を見ます。清代の宮廷内で演劇するところはたくさんありますが、暢音閣は、大きな祭りのための芝居に使われていたそうです。資料によると、西太后はいつも暢音閣で芝居を見ていたそうです。

 

「九龍壁」は黄龍を中心に東西に青、白、紫、黄色の9つの巨龍が配置されていて、とても綺麗です。壁の長さは29.47 m、高さは3.59 m、厚さは0.459 mで、重さは300トン以上に達していて、正面は270枚の焼き瑠璃の塊でつなぎ合わせて作られています。中国においては、現存する最も有名な九龍壁は三つあり、それぞれ山西省大同市、北京市内の北海公園と故宮にあります。故宮の「九龍壁」は清の乾隆帝時代に作られ、200年以上の歴史があります。

 

三宮」の見学が終わり、一番北側にある「神武門」から出て帰りました。以前も数回故宮に見学に来ましたが、いつも観光客いっぱいでとても賑やかでした。しかし、今回は、コロナ対策で入場人数が制限されていたせいか、割と静かでした。

 

以上

最新情報
【北京だより】10月15日号2021/10/15
【2021年のG20貿易・投資大臣会合における成果】2021/10/15
【バイデン政権の貿易戦略は中国政府の行動を変えさせることはできない】2021/10/14
【産業政策】2021/10/14
【国家発展改革委員会 『石炭火力発電による電力価格の市場化改革の深化に関する通知』を発表】2021/10/14
【王文涛部長:WTO第12回閣僚級会議の成功を支持】2021/10/14
【商務部発表情報】2021/10/13
【米中関係】2021/10/12
【第130回中国輸出入商品交易会(広州交易会)のご案内(10月15日~19日)】2021/10/12
【ご報告】第32回中国ビジネス実務セミナーを開催しました2021/10/12
【その他】2021/10/12
【ネットワークセキュリティの構築について】2021/10/12
【商務部、1月~8月のサービス貿易発展状況を発表】2021/10/11
【中国銀行保険監督管理委員会『石炭・電力産業の正常な生産,商品市場の秩序ある流通及び経済の円滑運営の確保に関する通知』を公布】2021/10/08
【現代文化研究所レポート】2021/10/08
『中国各地の停電は、急進的な新エネ車普及に警鐘を鳴らす』2021/10/08
【日中不易流行】2021/10/08
『眼鏡の聖地鯖江に巨大黒船来航』2021/10/08
【セミナー】「中国知財の過去と将来~日本企業が今すべきこと~」(2021/10/28)2021/10/08
【王受文副部長が第15回国連貿易開発会議にオンラインで参加し、発言を行った】2021/10/07
12345678910...