【今年の夏の穀物は296.7万トン増の豊作】

7 19 2021

「今年の夏の穀物は296.7万トン増の豊作」
(2021年7月15日 中央人民政府HPより) 


国家統計局が14日発表した全国の夏の食糧生産データによると、2021年の全国夏穀物総生産量は14582万トン(2916億斤)で、2020年より296.7万トン(59.3億斤)増え、2.1%の伸びとなった。
・2021年の全国夏の耕作面積は26438千ヘクタール(39657万ムー)で、2020年より265.5千ヘクタール(398.2万ムー)増加し、1.0%増加し、5年連続の下落傾向から回復。
・国家統計局農村司長の李錠強氏は、夏耕作面積の増加の主な原因として以下四点を指摘。
①各地で食糧安全の党政権の責任を実行し、耕地の「非農地化」を断固抑制し「食糧以外の生産」を防止。②小麦の最低買付価格引き上げ等の政策支援。③適期の播種。④食糧価格が上昇し、農民の穀物収入が増加し、農家の栽培意欲が強まっている。
・また、2021年全国夏単位当たり生産量は5515.7キロ/ヘクタール(367.7キロ/ムー)で、2020年より57.4キロ/ヘクタール(3.8キロ/ムー)増加し、3年連続で増加。この内、小麦の単位生産は5863.4キロ/ヘクタール(390.9キロ/ムー)で、2020年より62.3キロ/ヘクタール(4.2キロ/ムー)増加。
李錠強氏は主な原因として、①気候条件が全体的に良かった。②各地が早めに予防・抑制策を制定し、田畑の病虫害の予防・抑制力を強めた。③農業生産条件が絶えず改善されていること、と分析した。

最新情報
【習近平国家主席、第21回上海協力機構首脳会議での重要演説を実施】2021/09/22
【その他】2021/09/22
【王毅国務委員兼外相、アジア4カ国歴訪後の記者会見】2021/09/22
【協力】「陝西省-日本バイオ医薬健康産業協力交流会」開催のご案内2021/09/22
【ご報告】株式会社コーポレイトディレクションとの共同企画「チャイナマネジメントスクール」(第5回)を開催しました2021/09/21
【韓正副総理は2021年世界新エネルギー車会議に出席し、スピーチを行った】2021/09/21
【財政・金融関連】2021/09/21
【范一飛副総裁は北京と河北張家口で北京冬季五輪の決済サービス環境構築とデジタル人民元の試行業務を調査】2021/09/21
【ご報告】多摩信用金庫様主催「海外展開セミナー」で講演しました2021/09/17
【北京だより】9月17日号2021/09/17
【産業政策】2021/09/17
【第一期の国家加工貿易工業団地13ヵ所を認定】2021/09/17
【商務部発表情報】2021/09/17
【第130回中国輸出入商品交易会組織委員会の第一回会議が北京で開催】2021/09/17
【中国共産党中央弁公庁 国務院弁公庁、『ネットワーク文明の建設強化に関する意見』を発表】2021/09/16
【ご報告】第38回中小企業支援委員会専門部会を開催しました2021/09/15
【新会員をご紹介します】福岡・大連未来委員会2021/09/15
【8月30日以降の当機構の勤務体制についてのお知らせ】2021/09/15
【工業・情報化部弁公庁2021年国家技術革新模範企業の再審査評価結果公表に関する通知】2021/09/15
【習近平国家主席は、第18回中国・アセアン博覧会と中国・アセアンビジネス投資サミット開幕式で祝辞を述べた】2021/09/15
12345678910...