【北京だより】7月16日号

7 16 2021

7月15日、北京市大興区のイベント参加(北京中日創新合作発展大会)で大興区を視察しました。今週は大興区の様子等をご紹介します。

まずは大興国際水素エネルギーモデル区の様子です。当モデル区は水素エネルギーの利用を中心としたスマートシティーモデルを建設しています。日本の先進的な水素エネルギーの活用技術を取り入れる予定だそうです。


 

次は北京中日イノベーションタワーの様子をご紹介します。このビルは北京日中イノベーション協同モデル区の入居企業本部の集積地でもあります。建築面積は約4万㎡で、約150社の企業本部の入居が可能です。現在はテナント募集中です。今後、当タワーはモデル区及び大興区、さらに北京市のヘルスケアやデジタル経済等の発展をリードし、日中民間交流の主要な舞台になることを目指しているそうです。


 

北京中日イノベーションタワーの内部の様子です。オフィスビルで、現在、入居している企業がまだ少なく、内装工事はまだ実施されていない部屋が多いようです。


 

当タワーの17階から見た周辺の様子です。建設中のプロジェクトも多いようですが、ショッピングセンター等の商業施設や住宅団地等の生活施設は一応完備されています。

 

次は車から撮影した北京大興国際空港の様子です。北京大興国際空港は2019年に開港し、1年以上の運営を経て、現在の客数は既に順義にある北京首都空港と同等レベルの数量になっているそうです。



最後は車から撮影した大興の自由貿易試験区の入り口の様子です。当自由貿易試験区は「中国(河北)自由貿易試験区」一部です。中国(河北)自由貿易試験区は合計
119.97k㎡で、四つのエリアからなり、大興区エリアはその中の一部であります。残りの3つは全部河北省にあります。内、雄安エリアは33.23k㎡、正定エリアは33.29k㎡、曹妃甸エリアは33.48k㎡となっています。

 

以上

最新情報
【産業政策】  2022/08/10
『「野尻眼鏡」中国盛衰記④』2022/08/09
第34回中国ビジネス実務セミナー2022/08/09
【協力】日本国際貿易促進協会「日中経済の新動向とグローバルサプライチェーンの再編」シンポジウムの開催ご案内2022/08/09
【オンラインセミナー】第34回中国ビジネス実務セミナー開催のご案内(2022/10/6,7)2022/08/09
【セミナー】SPEEDA 『中国の「今」を知るデジタル経済の成長 スタートアップ・ECビジネストレンド』(2022/8/23)2022/08/09
【セミナー】『東芝が進める、研究開発起点の新規事業開発とは』(2022/8/30)2022/08/09
【国家発展・改革委員会およびその他の部門による入札の厳格な運用強化について】2022/08/08
【中国共産党中央委員会政治局:経済状況と経済活動を分析・研究するための会議を開催】2022/08/08
【新会員をご紹介します】ワタナベフーマック株式会社2022/08/08
【商務部発表情報】2022/08/03
【ご報告】当機構事務局長岡豊樹の富山県日中友好協会主催講演会の内容が「日本と中国」新聞に掲載されました(2022/7/31)2022/08/03
【サービスアウトソーシング産業の新卒者の雇用誘致に関する積極的な取り組みに関する通知】2022/08/02
【ご報告】当機構の佐藤会長が「第二回中日産業イノベーション発展交流大会」にビデオ登壇いたしました。2022/08/02
【中国は世界一位の製造業大国としての地位を維持】2022/07/29
【北京だより】7月28日号2022/07/28
『第2回:中国企業の対米直接投資動向』2022/07/28
【ご案内】2022年度上期「駐日代表処の集い」オンライン視聴のご案内2022/07/26
【李克強首相 国務院常務会議を主宰】2022/07/26
【多国籍企業の人民元・外貨一体化資金プール試験措置の拡大】2022/07/26
12345678910...