【北京だより】7月9日号

7 09 2021

最近、北京で一番話題になっているのはやはり中国共産党創立100周年のことです。今週はこの国家行事に関しての様子等をご紹介します。

6月30日(水)の午後、用事で天安門広場を通過しました。下図は車内から撮影したものです。様々な準備作業が実施されているようです。天安門の両側の観客の座席は既に設置済みでした。

 

人民大会堂の周辺は赤い国旗がいっぱい飾られ、また、大きいスクリーンが設置され、「システムテスト中」と書いてあります。

 

人民英雄記念碑の北側に、「1921~2021」の展示台があります。真ん中にハンマーと鎌の組み合わせでできている中国共産党の党徽があります。ハンマーは工人階級(工場の労働者たち)、鎌は農民階級をそれぞれ代表しています。

 

7月1日(木)、長安街沿線の地下鉄やバスは運転を停止したり、路線を変更したりしました。北京事務所もその影響を受け、当日在宅勤務になりました。下図は当日朝7時55分前後、自宅付近(東5環路)を経過した一部のヘリコプター隊列(「100」と「7.1」)の様子です。東側から出発し長安街に向かって飛んでいます。街で記念に写真を撮ったりした民衆はかなり多いようです。




 

7月3日(土)、家族で天安門広場に見学に行きました。広場に入るための安全検査は依然として厳しく、1時間半以上並んでやっと中に入れました。




 

観光客は非常に多く、とても混雑していました。当日の午後1時以降、地下鉄「天安門西」と「天安門東」の駅はまた封鎖するようになりました。多分人が多すぎて、安全問題等を警戒しているでしょう。

 

中国共産党創設100周年関連の天安門のモニュメント等は最初に7月15日まで保存と発表しましたが、あまりにも人気ですので、7月31日まで延長しました。統計データによると、7月2日~5日までの四日間で、全国から118.64万人が天安門広場を観光したそうです。

 

以上

最新情報
【その他】2021/07/21
【財政・金融関連】2021/07/21
【2021年上海国際金融センター専門家諮問委員会開催について】2021/07/21
【胡春華副総理が「高水準の開放の促進、世界最高水準の貿易促進機構の建設を目指す」と強調】2021/07/21
【ご報告】株式会社コーポレイトディレクションとの共同企画「チャイナマネジメントスクール」(第3回)を開催しました2021/07/20
【ご報告】「2021年北京日中イノベーション協同発展大会」のオンライン会議に参加し、ビデオにてご挨拶しました2021/07/20
【習近平国家主席、APEC非公式首脳会議に出席し演説】2021/07/20
【商務部発表情報】2021/07/20
【 商務部・生態環境部「対外投資協力グリーン発展業務ガイドライン」を発布 】2021/07/20
【産業政策】2021/07/19
【国家発展改革委員会と交通運輸部は共同で「第14次5カ年計画の近代的総合輸送システム開発」に向け第2回本会議を開催】2021/07/19
【今年の夏の穀物は296.7万トン増の豊作】2021/07/19
【2021年1月~6月外国投資の増加について】2021/07/19
【李克強総理が経済情勢の専門家と起業家の座談会を開催】2021/07/19
【北京だより】7月16日号2021/07/16
【中国共産党創立100周年記念の総括会議を開催】2021/07/15
【国務院政策説明会:商務部からの対外貿易の新業態・新モデル発展加速状況の紹介】2021/07/15
【「第14次5カ年」循環経済発展計画の公布に関する通知】2021/07/15
【「中国法治建設年度報告(2020)」が公布される】2021/07/14
【工業・情報化部弁公庁が、2021年の工業インターネットプラットフォームのイノベーション・ナビゲーション応用事例募集活動の実施に関する通知を発表】2021/07/14
12345678910...