【北京だより】5月28日号

5 28 2021

今週、子供の病気で病院に行きました。北京市内高碑店にある総合病院の小児科の様子等をご紹介します。

今回行ったのは3級(一番良いのは3甲で、その次は3級)の総合病院で、小児科は一階の目立つところに看板を掲げています。携帯から事前に予約し、朝7:40頃病院に着きました。

 

外からはまず専用の通路から「北京健康宝」の結果をガードマンに見せて、体温を測って、安全検査を経て病院の中に入ります。発熱の場合、直接には入れなくて、まず別のところでPCR検査を受けなければなりません。

 

病院に入って、1階の機械より事前に予約した番号を取り出して、それから小児科の順番確認の機械に当てて、先着順で最終的な受診番号が出てきます。


 

8:00になり、診療が始まりました。受付台で子供の健康情況等(年齢、体重、病状)を看護婦に説明し、それから順番の呼び出しを待っていました。

 

30分ぐらい待って、お医者さんに診てもらいました。症状を聞きながら、喉や鼻、心音等を検査してくれました。その後、機械で費用を払って、2階で指先の血液検査を受けました。

 

1時間後、血液検査の結果が出ました。また1階に戻り、お医者さんに見せて、再度子供の咳や話し声等を確認し、3日間分の薬を処方してくれました。3日後様子を見て再度病院に行くかどうかを判断します。

 

コロナ感染対策の一つとして、小児科でも待合の座席等を仕切っています。また、壁に子供の身長を図る定規や子供の身長基準、子供専用のマスク、処方外の一般薬、玩具等を販売している自動販売機も設置しています。お医者さんも非常に親切です。


 

診断室の向こう側に子供専用の救急室、点滴室、霧化室(咳止め薬を機械で吸入)、理療室(インフルエンザ等各種の検査、臍や首等の指定されたツボに漢方薬のパッチを貼り付ける等)等も設置されています。北京においては一流の小児科ではないですが、一般的な病気にはほぼ対応できます。夜間で発熱する場合や病状が重い場合、専門の児童病院に行かないとだめです。

 

今回は子供たちが風邪と扁桃腺の病気で、重い病気ではないので少し安心しました。診察が終わり、家に帰りました。


最新情報
【ご報告】オンラインセミナー(第3回)を開催しました2021/06/11
【ご案内】今後の当機構セミナー予定2021/06/11
【ご報告】「米中経済関係と日本企業」と題した論文を岡事務局長が寄稿いたしました2021/06/11
【北京だより】6月11日号2021/06/11
【セミナー】「変革と成長で新常態に挑む」商社マンが見た中国最新事情 ~新五カ年計画を読み解く~(2021/6/24)2021/06/10
【セミナー】第16期チャイニーズ・マネジメント&マーケティング・スクール(2021/10/7~2022/3/17)(主催:日本香港協会)2021/06/09
【商務部発表情報】2021/06/08
【中国商務部 王文涛部長:APEC貿易担当大臣会合に参加、疫病との戦い、多国間貿易システム維持を主張】2021/06/08
『供不応求』2021/06/07
【ご報告】「蘇州オンラインイベント」に参加しました2021/06/07
【新会員をご紹介します】株式会社乃村工藝社2021/06/07
【北京だより】6月4日号2021/06/04
【日中不易流行】2021/06/03
『福井と中国』2021/06/03
【ご案内】「中国江西省輸出商品オンラインビジネスマッチング会」開催の件2021/06/02
オンライン交流会のご案内2021/06/01
【ご案内】個別勉強会のご案内2021/06/01
【ご報告】「第12回中国中部投資貿易博覧会」参加報告2021/06/01
【ご報告】株式会社コーポレイトディレクションとの共同企画「チャイナマネジメントスクール」(第1回)を開催しました2021/05/31
【商務部定例記者会見 5月27日】2021/05/31
12345678910...