【北京だより】11月13日号

11 13 2020

今週は「東興楼飯荘」(以下「東興楼」と略称)に行きましたので、店の様子をご紹介いたします。

 

東興楼は清・光緒28年の1902年に創設され、中国八大料理の一つである「魯菜」(山東料理)の代表的な店として有名で、広く知られています。現在北京には四店舗あり、下図は「東興楼」(東直門店)の外観です。看板は清代の著名な書道家 長白鐘蘭の作品です。

 

「東興楼」は100年以上の歴史を有する老舗であり、店の内装も古風な趣です。下図は1階受付台の様子です。

 

今回予約したのは3階の個室です。3階のエレベーターホールには現代の有名な書道家 啓功の作品(店名)が掲げられ、陶磁器やおめでたい瑞獣の像も飾れています。 

 

3階にある個室及び廊下の様子です。

 

廊下の書道作品です。

 

店の人気料理「咯吱肘花」("煎餅”で巻いて食べる)と「香椿苗胡桃仁」です。

 

以上

最新情報
【北京だより】1月22日号2021/01/22
【マクロ経済】2021/01/22
【国家統計局は20年第4四半期と通年のGDPを発表】2021/01/22
【その他】2021/01/22
【2020年、我が国の外資利用額が+6.2%となり過去最高に】2021/01/22
【商務部がRCEPオンライン特別研修会を開催、王文涛部長が開会式にビデオメッセージで挨拶】2021/01/21
【財政・金融関連】2021/01/20
【商業銀行のインターネットを通じた個人預金業務に関する通知】2021/01/20
【2021年 事務局長 活動報告】2021/01/20
【ご報告】新春中国経済セミナーを開催しました2021/01/20
【ご案内】今後の当機構セミナー予定2021/01/20
【国務院は商務部の新たな幹部リーダーを任命】【俞建華商務部国際貿易交渉代表はスウェーデン外務省外交・北欧事務大臣と電話会談】2021/01/19
【産業政策】2021/01/19
【『レアアース管理条例』の草案を発表】2021/01/19
【セミナー】第31回中国ビジネス実務セミナー(2021/2/15-16)2021/01/19
【『中国人民銀行、国家外貨管理局のクロスボーダー融資のマクロプルーデンス調整係数に関する通知 』】2021/01/18
【中国人民銀行、国家外貨管理局が国内企業の対外貸付のマクロプルーデンス調整係数を調整】2021/01/18
【11部門連合で新型コロナ防疫により 本春での 旅客・貨物輸送の保障が不確実になると表明】2021/01/18
【ご報告】特別セミナー(第10回)を開催しました2021/01/18
【『産業用インターネットイノベーション発展行動計画(2021〜2023年)』発布について】2021/01/15
12345678910...