【習近平国家主席がバイデン米大統領と電話会談】

2 15 2021
0
0

「習近平国家主席がバイデン米大統領と電話会談」 (2021年2月11日  中央人民政府HPより) ・両首脳は北京時間の中国の大みそかの朝に電話で会談。中国の旧正月を共に祝い、二国間関係や主要な国際・地域問題について深い意見交換を行った。 ・習主席は、中国と米国は互いに尊重し、対等な立場で接し、建設的な方法で適切に管理し、対処することが重要と強調。 ・バイデン大統領は、米国と中国は紛争を回避し気候変動など幅広い分野で協力すべきである、米国は相互理解を促進し、誤解を避けるために相互尊重の精神で率直で建設的な対話を行う用意があると表明。 (記事原文) http://www.gov.cn/xinwen/2021-02/11/content_5586777.htm

【全国で唯一の農業に特化した総合保税区が陝西省楊凌に設立】

2 09 2021
0
0

「全国で唯一の農業に特化した総合保税区が陝西省楊凌に設立」 (2021年2月5日 陝西省人民政府HPより) ・2月4日、楊凌モデル区自貿事務所は全国で唯一農業に特化した総合保税区、陝西楊凌総合保税区が国務院に批准されたと発表した。 ・陝西楊凌総合保税区は農業に特化し、4園、1センター、3プラットフォームを構築する。 (品質資源保税研究開発園、ハイエンド食品加工産業園、バイオ医薬及び植物抽出産業園、越境電商産業園、農業設備及び農業生産資料展示取引センター、中国検査検疫科学研究院西北分院、特殊物品出入国サプライチェーンプラットフォーム、特色ある農産物貿易プラットフォーム) ・現在、 陝西楊凌総合保税区は既にあるバイオテクノロジー、農産品貿易、農産品越境EC、特殊物品サプライチェーンプラットフォームなど6つの面において20件ほどの重要プロジェクトを準備している。 (記事原文) http://www.shaanxi.gov.cn/xw/sxyw/202102/t20210205_2152191.html

【国家税務総局 納税者の意見聴取業務を重視】

2 09 2021
0
0

(2021年2月7日 中央人民政府HPより) ・2月2日より国家税務総局は全国範囲で納税者の要望調査を開始した。様々な方法で市場主体や社会各界の意見会提案を充分に聴取し、納税サービスのレベル向上を図る。 ・すでに10万人以上の納税者が税務サイトやユーザー端末などを通じて調査に参加し、意見や提案を行っている。 ・2日の調査開始以降、全国の税務システムでは、寄せられた意見や提案について整理を行っている。 ・正常な輸出税還付業務の平均処理時間は2021年にはさらに10%以上速め、安定した対外貿易に資するものになる。また、税務抹消の一般的な手続きの時間をさらに短縮させ、税務抹消手続業務を大幅に最適化するなどの初歩的でピンポイントとなる措置の制定も始めている。 ・今後、税務部門は納税者の意見や提案を継続してフォローし、納税に役立つ措置を打ち出し、サービスをさらに改善し、満足度を高めていく。 (記事原文) http://www.gov.cn/xinwen/2021-02/07/content_5585581.htm

【ご報告】第2回地方銀行共催セミナーを開催しました

日中投資促進機構は、2020年2月4日(木)に第2回地方銀行共催セミナーを開催しました。 今回のセミナーでは株式会社三菱総合研究所 劉 潇潇 氏をお招きし、地方から考える中国の最新消費動向と攻め方についてご講演いただきました。 <第2回地方銀行共催セミナー> ●テーマ:『地方から考える中国の最新消費動向と攻め方 ~越境ECの流れを知りヒントを探る~』 ●日  程 : 2021年2月4日(木) ●時  間 : 日本時間 10:00~11:30 ●講  師 : 株式会社三菱総合研究所 劉 潇潇 氏 ●共  催 : 愛媛銀行/大分銀行/鹿児島銀行/きらぼし銀行/山陰合同銀行 名古屋銀行/福井銀行/北陸銀行/北國銀行(順不同) ●内容 講演① 「最新の中国事情と投資動向」  日中投資促進機構 事務局長 岡 豊樹 講演② 「地方から考える中国の最新消費動向と攻め方 ~越境ECの流れを知りヒントを探る~」 株式会社三菱総合研究所 研究員 劉 瀟瀟 氏 Web会議システムZoomを利用し全国各地の中国への越境ECに関心を持つ事業者の方に向けて配信を行いました。 78名の方にご参加いただき、参加者の皆様からは 「大変理解しやすいセミナーでした。」 「越境ECは、一般貿易よりも手続きが簡単になりますが、海外展開していない企業にとっては、まだまだとっつきにくいイメージがあります。本セミナーは要点を抑えられていて、非常にわかりやすい内容でした。」 「テーマごとの月例・定期的なセミナー開催の検討をお願いします。」 とコメントをいただきました。 ご参加の皆様ならびに講師の劉氏には皆様に厚く御礼申し上げます。

【商務部定例記者会見:2020年中国サービス貿易の発展状況について】

2 08 2021
0
0

「商務部定例記者会見:2020年中国サービス貿易の発展状況について」 (2021年2月4日 商務部HPより) ・2020年、新冠肺炎の疫病など様々な要素の影響を受け、中国のサービス輸出入総額は45642.7億元(人民元、以下同)で、同15.7%減少。 ・またサービス貿易の赤字が大幅に減少。2020年のサービス輸出は19356.7億元で、1.1%減少、サービス輸入は26286億元で、24%減少した。サービス輸出の減少幅は輸入22.9ポイント下回り、サービス貿易の逆差を駆動して53.9%から6929.3億元に減少し、同8095.6億元を減少した。 ・世界的な新型肺炎の流行状況は厳しく、世界中の旅行サービスの輸出入は大きな影響を受け、2020年中国の旅行サービスの輸出入は10192.9億元で、48.3%減少。その中で輸出は52.1%減少し、輸入は47.7%減少した。 ・旅行サービスを除いて、2020年に中国のサービス輸出入は2.9%伸びて、その中の輸出は6%伸びて、輸入はほぼ横ばいとなった。 (記事原文) http://www.mofcom.gov.cn/xwfbh/20210204.shtml

【セミナー】日中経済貿易センター専門講演会「日本→中国渡航事情・ビザ手続き・中国入国についての現状」(2021/2/25)

2月25日(月)日中経済貿易センター専門講演会(ウェブ)
「日本→中国渡航事情・ビザ手続き・中国入国についての現状」のご案内

当機構会員である日中経済貿易センターでは「日本→中国渡航事情・ビザ手続き・中国入国についての現状」と題して第83回の専門講演会(Web)を開催します。
中国においては新型コロナウイルスの感染は比較的少ないものの、政府は厳しい規制を行っています。中国のコロナ関連規制は迅速、徹底的、地域ごとに異なることが特徴で、頻繁な変更や実務上の状況変化は各企業の人事や海外部門、現地駐 企業各社の人事や海外部門、現地駐在者の頭を悩ませており、当セミナーでは日中平和観光株式会社代理店課の池田朋憲氏を招き、中国ビザ申請の注意点 、中国ビザ申請の注意点等をご紹介します。
参加ご希望の方は下記URLから詳細内容確認の上、【申込】に記載のURLよりお申込ください。

http://www.japanchina.jp/news/2021-2-25/





 

【李克強総理が国務院常務会議の議長を務め、地域包括的経済連携協定(RCEP)の発効に関連した国内業務の報告を聴取した】

2 05 2021
0
0

「李克強総理が国務院常務会議の議長を務め、地域包括的経済連携協定(RCEP)の発効に関連した国内業務の報告を聴取した」 (2021年2月3日 中央人民政府HPより) ・李克強総理は2月3日、国務院の執行会議を主宰し、地域包括的経済連携協定(RCEP)の発効に関連した国内業務の報告を聴取した。改革の深化と開放により産業を促進し、企業、特に中小零細企業の出口に関連する政策を展開し、市場関係者の活動を向上させることを求めた。 ・会合では、地域包括的経済連携協定の現場での実施を推進することが、開放性の拡大、ひいては改革の推進に繋がる重要な取り組みであると指摘した。また、企業に優劣がつくことは市場の正常な状態であり、むしろ撤退を行う企業、特に中小企業が撤退する際の関連政策を改善し、撤退が困難な現状の問題を解決することが、要素配置の最適化と商業環境を最適化する重要な取組である、とした。 (記事原文) http://www.gov.cn/premier/2021-02/03/content_5584654.htm