【国家税務総局の増値税領収書のデータによると、春節期間における消費は持続的に活発で飲食サービス業の売上高増加は比較的速かった】

2 22 2021
0
0

「国家税務総局の増値税領収書のデータによると、春節期間における消費は持続的に活発で飲食サービス業の売上高増加か比較的早かった」 (2021年2月18日 国家税務総局HPより) ・国家税務総局の増値税領収書のデータによると、今年の春節期間における全国消費は持続的に活発化しており、昨年の春節期間に比べて、急速に伸びており、「帰郷不要」の呼びかけによって労働力の多く集まる省での消費は大幅に増加。 ・統計によると、今年の春節期間の全国卸売小売業の売上高は同27.9%伸びた。その中で、医療医薬、服装の靴と帽子、化粧品と衛生用品などの消費の伸びが速く、それぞれ35.7%、31.1%、38.4%伸びた。 ・また春節期間中、飲食サービスの売上高は同358.4%伸び、疫病前の常態レベルに回復し、2019年の春節より5.4%伸長。そのうち喫茶店、レストラン、軽食サービスは比較的速い成長を実現し、それぞれ473.3%、421.5%、253.6%も増加した。 ・春節期間中、人々は「その場で新年を祝う」という提案に応じて、外来人口が集まる地区は消費が旺盛で、労働力の多い省での消費が比較的速い伸びが出現。例えば、北京、上海、広東(深圳を含む)の住民の消費はそれぞれ同44.2%、32%、31.1%伸びた。 (記事原文) http://www.chinatax.gov.cn/chinatax/n810219/n810724/c5161570/content.html

【2021年の春節休暇での消費市場は安泰であり販売は盛ん】

2 19 2021
0
0

「2021年の春節休暇での消費市場は安泰であり販売は盛ん」 (2021年2月17日 商務部HPより) ・2021年の春節休暇は全国の消費市場で新しい特徴が多数見られた。 ・非接触、少人数の集まり、安全な消費が共通認識となり、予約制度やレジャーや休暇制度が尊重をされ、家にいながらの買い物やネット上での年越し、在宅サービス、近郊への小旅行の多段階化、品質の多様化等により、消費需要が放出され、市場は活気を見せている。 ・商務部によると、大晦日から初月6日(2月11日~17日)までの間、全国の主要小売・飲食企業の売上高は約8,210億元で、2020年より28.7%、2019年より4.9%増加した。 ・伝統的な商品の売れ行きの好調に加え、バレンタインデーの影響もあり宝飾品や美容用品等が特に好調であった。 ・また、安全な消費の観点から非接触型の決済サービスの発展が加速し、商務部が関連部署と連携し「全国オンライン年越し祭り」を実施し、休日の最初の6日間でオンラインの売上高が1,200億元を超えた。 ・飲食においては持ち帰りでの消費が増え、また国内映画も好調で、春節期間中、全国の興行収入は同期間で過去最高の70億元を超え、今年に入り僅か一か月半で興行収入が100億元を超え、昨年の半分近くに達した。 (記事原文) http://www.mofcom.gov.cn/article/news/202102/20210203038960.shtml

【WTO新事務局長の任命についての商務部世貿司責任者の見解】

2 18 2021
0
0

「WTO新事務局長の任命についての商務部世貿司責任者の見解」 (2021年2月15日 商務部HP) ・中国は、オコンジョイウェアラ氏のWTO新事務局長就任をお祝いする。オコンジョイウェアラ氏は発展途上国の貧困削減と世界的なワクチンの健康の分野で長い間働いており、豊富な国際組織管理経験を持っている。WTOの初のアフリカ大陸の事務局長であり、初の女性の事務局長である。 ・中国は、WTOが早期に正常機能を回復させ、WTOが防疫協力と経済回復の面でより大きな役割を果たし、第12回WTO閣僚会議を推進して積極的な成果を上げ、WTOの必要な改革を推進し、多国間貿易体制の権威と有効性を維持・強化することを期待している。 ・今年は中国がWTOに加盟して20周年を迎える。責任ある大きな発展途上国として、中国は断固として多国間の貿易体制を支持し、WTOの改革に積極的に参与し、実際の行動で事務局長の仕事を支持し、WTOがグローバルガバナンスシステムの改善と世界の人々の福祉の増進のためにより大きな貢献をするように働きかける。 (記事原文) http://www.mofcom.gov.cn/article/news/202102/20210203038725.shtml

【2020年度乗用車企業の平均燃料消費量と新エネルギー自動車ポイント管理に関する事項についての通知】

2 17 2021
0
0

「2020年度乗用車企業の平均燃料消費量と新エネルギー自動車ポイント管理に関する事項についての通知」 (2021年2月8日  工業情報化部HPより)  ・新冠肺炎の発生状況の影響に積極的に対応し、自動車産業の健全かつ持続可能な発展を保障するため、中央が湖北省経済社会の発展を支持する一括政策精神要求及び「乗用車企業の平均燃料消費量と新エネルギー自動車の積分と並行して管理方法」の改正に関する決定」等の文書規定により、2020年度の乗用車企業の平均燃料消費量と新エネルギー自動車のポイント管理に関する事項について以下の通り通知。 ・2020年度企業の平均燃料消費量ポイント計算において、ストップ&スタートアイドリングシステム、回生ブレーキシステム、ギアチェンジ警告装置を標準装備する車種は、その燃料消費量は相応して一定額を減免することができる(累積可能)。 ・企業が2020年度に発生した新エネルギー車のマイナスポイントを、2021年度に発生した新エネルギー自動車の正積分を使って償還することができるものとする。 ・湖北省登録 の乗用車企業に対して、2020年度に発生した燃費マイナスポイントと新エネ車マイナスポイントを80%掛けで計算する。 (記事原文) https://www.miit.gov.cn/xwdt/gxdt/sjdt/art/2021/art_fb702f5ca1914aeb80a6f86b6992f95d.html (法令原文) https://www.miit.gov.cn/zwgk/zcjd/art/2021/art_dfd4f08ab3f647338578b48e9807d9e7.html

【北京冬季オリンピックに向けた税務局の動き】

2 16 2021
0
0

「北京冬季オリンピックに向けた税務局の動き」 (2021年2月9日 国家税務総署HPより) ー― 本記事は中国税務新聞からの転載 2022年北京冬季オリンピックに向けた税務局の動きや体制について現地の経営者などにヒヤリングした内容を元に構成 ・ある北京の経営者は「税における優待や税務部門の常時的なサポートのおかげでビジネスがうまくいっている。」と話していた。 ・冬季オリンピックの税務サービス向上に向け、北京と河北が『税収協同協創協議書』を締結したおかげで地方経営及び転居を行う冬季オリンピック関連企業へのサービスをより便益化したからである。 ・北京市税務局連合北京市税政局と北京税関が『2022年冬季オリンピック・パラリンピック税費政策及び操作工程』を形成し、『2022年冬季オリンピック・パラリンピック減免税統計方案』を制定したおかげで、ある企業のマネージャは「資金的なストレスが減り、プロジェクトも上手く推進できている。」とインタビューに答えた。 ・2020年12月末まで、北京市税務局は計16のオリンピック関連企業に対し7738.41万元の減税を行い、オリンピック関連施設の建設を支持するとし、河北省の投資家は「2019〜2020年、税務部門のおかげで大幅に減税でき、税務部門の企業発展及び冬季オリンピックに対する努力には感謝している。」と謝意を示していた。 ・北京冬季オリンピック・パラリンピック準備は重要な時期に突入しており、近日、北京市と河北省の税務局は提携し、オリンピック施設における実地的な調査や、納税サービス及び税収政策に関する事柄で交流を行う予定である。 (記事原文) http://www.chinatax.gov.cn/chinatax/n810219/n810780/c5161475/content.html

【2021年1月度の消費者物価指数(CPI)は前年同月比0.3%下落、前月度比では1%上昇】

2 15 2021
0
0

「2021年1月度の消費者物価指数(CPI)は前年同月比0.3%下落、前月度比では1%上昇」 (2021年2月10日  国家統計局HPより) ・国家統計局は1月度の消費者物価指数を発表。20年11月以来2か月ぶりに前年同月比を下回る。 ・都市部では前年同月比0.4%下落、農村部でも0.1%の下落となった。 ・主要項目別で見ると、食用油(プラス6%)や野菜類(プラス同10.9%)の上昇は大きいが、旅行関係の落ち込みが目立つ(マイナス8.6%)。 (記事原文) http://www.stats.gov.cn/tjsj/zxfb/202102/t20210210_1813304.html