All Posts Term: セミナー情報
218 post(s) found

【オンラインセミナー】「日本の経済安全保障政策と対中事業のあり方 / 講師:園田 庸 氏(外務省)」(2022/6/7)

平素は弊機構の活動に格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
さて、当機構は2022年度も引き続きオンライン方式でのセミナーを企画、開催しております。
今回の2022年度第2回のオンラインセミナーでは、外務省 アジア大洋州局 中国・モンゴル第二課長の園田 庸 氏をお招きし、「日本の経済安全保障政策と対中事業のあり方」をテーマにご講演いただきます。
中国の今をつかむ有益なツールとしてご活用いただきたく、会員の皆さまのお申し込みを是非ともお待ちしております。

【ご報告】第1回オンラインセミナー(講師:株式会社国際協力銀行/栗原様)を開催しました

日中投資促進機構は、2022年5月11日(水)に2022年度の第1回オンラインセミナーを開催しました。
今回は株式会社国際協力銀行 ニューデリー駐在員事務所 首席駐在員の栗原 俊彦 様をお招きし、
「最新インド情勢報告 ~ニューデリーから見た対中国関係~」をテーマにご講演いただきました。

【セミナー】上海市外国投資促進中心・華鐘コンサルタントグループ 第32回春季中国セミナー(オンラインセミナー)当面の中国経済情況と日系企業事例報告(2022/5/27)

5 10 2022
1
0

平素は弊機構の活動に格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。 弊機構では、弊機構以外の団体が企画している一部のセミナーにつきましても案内を協力しており、弊機構の会員さまがお申込みいただけるようにしておりますのでご活用ください(セミナーにより主催団体の参加条件もありますのでご留意ください) 今回は、上海市外国投資促進中心・華鐘コンサルタントグループが第30回春季中国セミナー(オンラインセミナー)当面の中国経済情況と日系企業事例報告を行います。 お申込みやお問い合わせは、主催団体に直接コンタクトをお願いいたします。

【オンラインセミナー】「最新インド情勢報告 ~ニューデリーから見た対中国関係~ / 講師:栗原 俊彦 氏(国際協力銀行)」(2022/5/11)

平素は弊機構の活動に格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
さて、当機構は2022年度も引き続きオンライン方式でのセミナーを企画、開催しております。
今回の第1回のセミナーでは、株式会社国際協力銀行 ニューデリー駐在員事務所 首席駐在員の栗原 俊彦 氏をお招きし、最新のインド情勢と対中国関係についてご講演いただきます。
中国の今をつかむ有益なツールとしてご活用いただきたく、会員の皆さまのお申し込みを是非ともお待ちしております。

【ご報告】前駐中華人民共和国特命全権大使の横井裕様をお招きしオンラインセミナーを開催しました

日中投資促進機構は、2022年3月8日(火)に第14回目となるオンラインセミナーを開催しました。
今回は前駐中華人民共和国特命全権大使の横井 裕 様をお招きし、
「北京五輪に参加して ~横井(元)大使の”北京の今”を語る~」をテーマにご講演いただきました。

【ご報告】オンラインセミナー(第13回)を開催しました

日中投資促進機構は、2022年3月3日(木)に第13回目となるオンラインセミナーを開催しました。
今回は株式会社日本総合研究所 創発戦略センター エクスパートの三輪 泰史 氏をお招きし、
「日本のスマート農業技術の中国におけるビジネスチャンス」をテーマにご講演いただきました。

【セミナー】「2022年全人代からみる中国における日系企業の発展とこれから」(2022/4/12)(主催:SPEEDA China)

平素は弊機構の活動に格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

弊機構では、弊機構以外の団体が企画している一部のセミナーにつきましても案内を協力しており、弊機構の会員さまがお申込みいただけるようにしておりますのでご活用ください(セミナーにより主催団体の参加条件もありますのでご留意ください)。

今回は、SPEEDA China様が主催されるオンラインセミナーをご案内いたします。
お申込みやお問い合わせは、主催団体に直接コンタクトをお願いいたします。

【セミナー】第14回オンラインセミナー開催 / 講師:横井 裕 前駐中華人民共和国特命全権大使(2022/3/8)

平素は弊機構の活動に格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
さて、当機構は2021年度も引き続きオンライン方式でのセミナーを企画、開催しております。
今回の第14回のセミナーでは、前駐中華人民共和国特命全権大使の横井 裕 氏をお招きし、北京冬季五輪に参加されたご経験を踏まえ、日中関係、北京の今についてご講演いただきます。
中国の今をつかむ有益なツールとしてご活用いただきたく、会員の皆さまのお申し込みを是非ともお待ちしております。