All Posts Term: セミナー情報
79 post(s) found

【会員割引あり!】『中国知的財産権の問題~商標権侵害の実態及びその対応策を知る』

日本でも最近話題に上がった商標の冒認登録(本来権利のない者による登録)問題ですが、中国でもこの問題に関する紛争は後を絶ちません。
これは、中国における商標登録制度の属地主義、先願主義といった原則がひとつの原因ともいえます。たとえ日本で商標権を有していても、中国で他者に先んじて登録を行っていなければ、冒認登録を招くリスクは常に存在し、最悪の場合、多額の商標譲渡金を支払うはめになったり、多くの時間・コストをかけて争うことになってしまいます。
では、これから中国市場へ挑戦する日本企業は、自社製品の商標を守るためにはどのような対策を講じればよいのでしょうか。
今回、中国知的財産権の問題に詳しい専門家である、上海開澤法律事務所の王穏弁護士をお招きし、商標権侵害の実態及びその対応策についてレクチャーいただきます。

【会員割引あり!】『「基礎編2019年版」新任駐在員のための中国超実用講座』

このたび、小島(天津)企業管理咨詢有限公司の小島庄司代表を講師にお招きし、初めての海外赴任、初めての外国人部下、新任駐在員の様々な不安を払しょくするための超実用講座を横浜で開催いたします。
本講座で取り上げる内容は、取引先の情報や各種手続きの進め方などと異なり、前任者から引き継がれることがほとんどない、しかし駐在員の任務を円滑に全うするためには最も大切な、駐在員自身をマネジメントするためのノウハウです。
「あと一年早く参加したかった」、「本社の新任者研修よりよほど具体的だ!」と現地中国や日本でも大変反響をいただいているプログラムで、知っているだけで避けられる地雷や落とし穴、やってしまいがちな失敗、そして目から鱗の情報を、豊富な実例をもとに解説いただきます。

【受付終了】2018年度第6回経営問題研究会 『米中貿易摩擦を踏まえた中国経済見通しと日本経済への影響』

平素は当機構の活動に格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
さて、今年度第6回目の経営問題研究会を以下の内容で開催致します。
今回は日本銀行 国際局の福本 智之審議役をお招きし、米中貿易摩擦による中国経済と日本経済への影響についてご講演いただきます。
皆様のお申し込みをお待ち申し上げます。

★開催案内(PDF)はこちら
★お申込み書(Word)はこちら

【ご報告】2018年「中国外資政策セミナー(大阪・名古屋・東京)」を開催しました

日中投資促進機構と中国側カウンターパートである中日投資促進委員会(事務局:中国商務部外国投資管理司)は、2018年11月27日(火)・28日(水)・29日(木)に、それぞれ大阪・名古屋・東京にて「中国外資政策セミナー」を開催いたしました。

【ご案内】2018年度第5回経営問題研究会『中国との「テクノロジー」をめぐる取引の現在と今後』 ~米国の対中テクノロジー関連政策を参考として~

平素は当機構の活動に格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
さて、今年度第5回目の経営問題研究会を以下の内容で開催致します。
今回は大江橋法律事務所の松井 衡弁護士をお招きし、中国との技術取引に関する最新の動向と
今後の見通しについてご講演いただきます。皆様のお申し込みをお待ち申し上げます。
皆様のお申し込みをお待ち申し上げます。

★開催案内(PDF)はこちら
★お申込み書(Word)はこちら

【ご案内】2018年度第4回経営問題研究会『米中関係を踏まえた「中国製造2025」の動向』

平素は当機構の活動に格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
さて、今年度第4回目の経営問題研究会を以下の内容で開催致します。
今回は元ジェトロ北京事務所調査担当次長で、現在は名古屋外国語大学で中国のマクロ経済、
中国の経済産業政策、日本企業の対中ビジネス戦略等を研究されておられる真家 陽一氏をお招きし、
米中関係を踏まえた「中国製造2025」の動向についてご講演いただきます。
皆様のお申し込みをお待ち申し上げます。

★開催案内(PDF)はこちら
★お申込み書(Word)はこちら