【発改委 記者会見でマクロ経済の状況を説明】

1 20 2022

(2022年1月17日 国家発展改革委員会HPより)

1月18日、国家発展改革委員会は1月の記者会見を開催し政策研究室長・金賢東報道官は冒頭下記を述べた。
・経済・社会開発の全体像について:経済は持続的に発展し、小さな政策コストで急速な経済成長と低インフレの最適化を達成。
・電力・投資プロジェクトの承認について:年間を通じ、主に輸送、エネルギー、水保全、情報化産業を中心に固定資産投資プロジェクト67件が承認。
・「一帯一路」の進捗について:世界各国と現在までに147か国・32の国際機関と200件以上の協力文書に署名。
・長江経済ベルトの発展状況について:生態環境における質の継続的発展、グリーンで高品質な開発が着実に進められている。
・ビジネス環境の最適化作業について:国家発展改革委員会は関係部門と協力して法の支配の国際化と円滑化の為のビジネス環境を構築してゆく。


(記事原文)