【WEBパネルディスカッション】「中国における脱炭素、環境政策の動き~日本企業の対応を考える~」(2022/2/24)

1 18 2022

平素は弊機構の活動に格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
さて、新型コロナウイルス感染拡大の影響が長引くなか、当機構は2021年度も引き続きオンライン方式でのセミナーを企画、開催しております。
昨今、CO2排出等の環境汚染が自然界へ与える影響について世界中で注目されており、企業活動においても環境に配慮した経営に対する重要度が日に日に増している状況にあります。かかる状況下、中国では政府が2030年までに二酸化炭素排出のピークアウト、2060年までに二酸化炭素排出を実質ゼロにするカーボンニュートラルを目指すことを表明する等、環境に関連する政策が早急に推し進められております。
今般、中国の最前線で事業を展開する2社の代表者にご登壇いただき、中国の「脱炭素」「環境政策」をキーワードに、現地の動向や日本企業の対応について、講演ならびにパネルディスカッション形式でセミナーを開催致します。
中国の「脱炭素」「環境政策」の現状について理解を深める大変有益な機会ですので、会員の皆さまのお申し込みを心よりお待ちしております。


****************************************

【セミナー概要】

■主 催:日中投資促進機構

■日 時:
2022224()
 (日本時間)1000分~1130分(950分よりログイン可能)
 (中国時間)0900分~1030分(850分よりログイン可能)

■タイトル:「中国における脱炭素、環境政策の動き~日本企業の対応を考える~」

■登壇者(パネリスト):
・須毛原 勲 氏 株式会社SUGEHARA & NA Associates 代表取締役兼CEO
・上田 敏裕 氏 AGC株式会社 執行役員 AGCグループ 中国総代表

■登壇者 略歴:

・須毛原 勲 氏
 
株式会社東芝に入社後、一貫して海外事業に従事。市場開拓、事業拡大、事業買収、新規事業開発に携わる。米国・シンガポール・中国に海外駐在通算
20年。内、中国(上海、北京)駐在通算13年。東芝中国総代表、東芝中国社会長兼社長、日本の大学系スタートアップの事業開発責任者を歴任。20208月に株式会社SUGEHARA & NA Associates設立。


・上田 敏裕 氏

1985
年慶応義塾大学法学部政治学科卒業、20025月ボストン大学ロースクール修士。19854月旭硝子株式会社入社、2003年同社監査室主幹、2007年法務室グローバル法務・企画グループリーダー、2008年同社広報・IR室長、2014年同社法務室長、2017AGCグループ中国総代表、2018年旭硝子株式会社(AGC株式会社)執行役員、AGCグループ中国総代表。


■基調講演:「中国脱炭素レポート」報告(須毛原 勲 氏)

■パネルディスカッション テーマ:
・中国当局の脱炭素、環境対策について
・中国企業、日本企業の取り組み事例紹介
・日本企業としての姿勢、あるべき方向
・日中ビジネスを取り巻く環境認識、課題と対応 等

■形 式:オンラインセミナー(
Web会議ソフトのZoomTeamsを使用)

■対 象:日中投資促進機構 会員企業様

■参加費:無料

■定 員:
500名(先着順)

1.以下のリンクをクリックし表示されますセミナー専用画面から、ご希望のセミナー画像をクリックしお申し込みください。
お申込みは締め切りました

2.オンライン会議のログイン情報(ログイン用のリンク、
ID・パスワード)は、222日(火)を目途に弊機構事務局より送付申し上げます。

■お申込み締切日:
2月18(金)

■お問合せ先
  日中投資促進機構 事務局 (担当:落合、中村)
  本セミナー受付専用E-mail seminar1@jcipo.org
  TEL 03-5545-3118FAX 03-5545-3120