【輸出入は15ヶ月連続でプラス成長し、対外貿易は着実に成長中】

9 10 2021

(2021年9月8日 中央人民政府HPより) 


・税関総局の9月7日発表データによると、8月の輸出入総額は3兆4,300億元。このうち、輸出は1.9兆元で前年同期比15.7%増、輸入は1兆5,300億元で、前年同期比23.1%増加。
・貿易構造の観点からのポイントは下記:
・一般貿易の輸出入割合の増加は、対外貿易構造の最適化が継続していることを示す。 
・ 貿易相手国別では、アセアン、EU、米国などの主要貿易相手国が増加。
・ 1~8月、アセアンとの貿易総額は22.8%増の3兆5900億元で、対外貿易総額の14.5%を占め最大の貿易相手となった。 
・米国との貿易は前年同期比25.8%増加し第3位の貿易相手国となった。
・民間企業の輸出入の増加が顕著。特に新たな中小企業のグループは、高い輸出入意識と柔軟性を持ち、対外貿易発展の重要な源となっている。
・輸入面では、鉄鉱石、原油、石炭などの輸入価格は下落、大豆は上昇した。 注目すべきは、機械・電気製品の輸入総額の増加。
第4四半期の対外貿易は世界での新型コロナ流行進化により低下すると予想。 


(記事原文)