【10部門 指導意見を発布し汚水の資源化利用の全面推進を実施】

1 14 2021

「10部門 指導意見を発布し汚水の資源化利用の全面推進を実施」
(2021年1月11日 中央人民政府HPより)


・国家発展改革委員会は科学技術部、工業情報化部、財政部、自然資源部、生態環境部など9部門とともに『汚水の資源化利用推進に関する指導意見』を発布し、汚水の資源化利用を全面的推進を行う。
・『指導意見』では、2025年までに全国の汚水回収効果を大幅に引き上げ、再生水利用率は、全国の地市級以上の水不足の都市では25%以上、北京天津河北地区では35%以上とすることを明確にしている。
・また、2035年までにシステム化され、安全で、環境を保護し、経済的な汚水の資源化利用の枠組みを形成するとしている。
・『指導意見』は、都市、工業および農業農村などの分野において汚水の資源化利用を系統的に展開し、中国の汚水資源化利用の質の高い発展実現を全面的に推進することを打ち出している。
・重点分野での汚水の資源化利用の効果的な実施を保障するため、『指導意見』では汚水の回収や資源化利用施設の建設プロセス、地域の再生水循環利用プロセスなど重点プロセスを実施すること、法規基準の整備、政策体系の構築など五つの面から汚水の資源化利用体系メカニズムを整えることを提起している。


(記事原文)
http://www.gov.cn/xinwen/2021-01/12/content_5579045.htm

『汚水の資源化利用推進に関する指導意見』
https://www.ndrc.gov.cn/xwdt/tzgg/202101/t20210111_1264795.html