❖❖ 年末年始を迎えるにあたり 御挨拶 ❖❖

12 25 2020

平素は当機構の活動にご支援を賜り誠にありがとうございます。

年末年始を迎えるにあたり、日中投資促進機構を代表し、御挨拶申し上げます。 

この一年を振り返りますと、2020年はまさに新型コロナウイルス感染症対策に明け暮れた年でありました。年が明けて間もなく、新型コロナウイルス発生の情報が入り、武漢のロックダウン、在留邦人の緊急帰国、クルーズ船での集団感染など予断を許さない状況が続き、4月には緊急事態宣言が発令され、それを受けて当機構でも設立以来初の全職員一斉在宅勤務体制を実施いたしました。通常の業務運営やイベント開催が困難となった中で、如何に会員の皆様へのサービスを充実できるかを模索する毎日でしたが、ホームページを通じた中国政策、経済・イベント情報の発信をタイムリーに行うこと、またオンラインでの各種セミナーを開催し、マクロ経済、新興ビジネス、環境問題、DX動向など、最新の情報をお届けできたのではないかと考えております。

日中間の自由な往来もなかなか難しい中で新しい年を迎えることになりますが、会員企業の皆様におかれましては、働き方の見直し定着、新常態下でのビジネスモデルの転換、構築をご検討される年になろうかと思います。中国での困りごと、新しい情報の入手、社内勉強会や研修などのご要望がございましたら、まずはfirst callを当機構にお寄せいただければ幸いです。

新しい年が皆様にとりまして幸多き一年となりますよう心よりお祈り申し上げます。

なお、昨今の社会情勢に鑑み、年始の賀状によるご挨拶は控えさせていただきます。何卒ご理解のほどお願い申し上げます。

 

 

20201225
日中投資促進機構

事務局長 岡豊樹