【国務院弁公室から「インテリジェントテクノロジーを活用して高齢者の困難を効果的に解決するための実施計画」に関する通知】

11 26 2020

「国務院弁公室から「インテリジェントテクノロジーを活用して高齢者の困難を効果的に解決するための実施計画」に関する通知」
(2020年11月24日 中央人民政府HPより)


・インターネット、ビッグデータ、AIなどの急速な発展による社会サービス向上に取り残される高齢者「デジタル格差」の問題を解決するためにスマートテクノロジーの使用において高齢者が直面する課題を克服し、高齢者がサービスを享受できるようにする実施計画を策定。
伝統的なサービスを維持しつつスマートテクノロジーを融合させる
・高齢者が等しく直面する問題と年齢、学歴、生活環境の違いにより分類される問題の結合を図る。
・オフラインサービスとオンラインサービスの融合・共存を図る。
・突出した問題の解決と長期的な効果持続メカニズムの確立の両建てを図る。
・重点任務は、突発事件の緊急対応下においても高齢者向けサービスを保証する、高齢者の日常的な外出、通院、購買、文化・娯楽活動の利便を図る高齢者の公共手続きのサービス向上を図り、またスマート化製品の使用やスマートサービスの活用への利便性を図るなどのこととする。


(記事原文)