【蘇州中日合作地方発展モデル区】

8 03 2020

●蘇州市について:
蘇州は長江の南側に位置し、東側では上海市に面する都市である。上海から高速道路で1時間の距離にあり、蘇州工業園区をはじめとするハイテク産業と国家歴史文化名城の一つとしての歴史的価値を併せ持つ都市である。蘇州市の面積は8,657㎢、2019年時点での常住人口1,074万人、GDPは1.9兆元に達する。

●モデル区について:
概要 :中日のスマート製造業の協力と共同開発のためのサービスプラットフォーム及び実証地域として位置付け、第三国市場共同開拓を目指す。
場所 :蘇州市相城区全域(489㎢)



誘致業種:
スマート製造業、ハイテクR&D、ハイエンドサービス産業、金融、新小売等

モデル区における施策

・国家級相城経済技術開発区:6.5㎢
日中企業の産業連携窓口と技術共同イノベーションセンターの建設

・蘇州高鉄新城(10㎢)
ハイレベルな長江デルタ国際研究開発コミュニティ、研究開発企業の科学技術人材の集積地の建設

・蘇相協力区(22㎢)
スマート製造業集積地を建設

その他:
・京滬高速鉄道蘇州北駅の容量の拡大と改築を進め、最大旅客数を100万人を目標に30の路線と12のプラットフォームの建設を目指す。
・総路線距離316.4キロの地下鉄15本の建設が計画されており、高速鉄道と国際空港へ直結させる。
・日本人学校や日系医療サービス等の公共設備を導入し、インフラの充実を行う。


蘇州市相城区人民政府HP:
「中日(蘇州)地方発展合作モデル区開業、228のプロジェクト開始し、総投資額914.2億元」

http://www.szxc.gov.cn/szxcrmzf/xcyw/202007/2c90ab8565aa458f81674e917445264b.shtml