【法令】『訪中航空機乗客の新型コロナウイルスPCR検陰性証明に依る搭乗に関する公告』

7 22 2020

(日文訳)

訪中航空機乗客の新型コロナウイルスPCR検陰性証明に依る搭乗に関する公告
中国民間航空局 税関総署 外交部
民航公告【2020】9号
2020年7月20日
 

   国際旅行の健康安全を確実に保証し、新型コロナウイルス肺炎の伝播リスクを引き下げるため、訪中航空機の乗客に対し、新型コロナウイルスPCR検査陰性証明による搭乗の方式を実行する。手順は以下のとおり。

一.航空機に搭乗して訪中する中国籍、外国籍乗客は、航空機搭乗の5日前までにPCR検査を完了する。検査は、中国の在外公使館が指定する或いは認可する機関で行わなければならない。

二.中国籍の乗客は、「防疫健康コード」国際版のミニプログラムでPCR検査陰性証明を撮影してアップロードする。

三.外国籍の乗客は、PCR検査陰性証明に依って、中国の大使館・領事館で健康状態声明書を申請する。

四.関係する航空会社は、搭乗前の健康コードの状況や健康状況声明書の検査に責任を負う。関連する要求に合致しない乗客は搭乗できない。各航空会社は検査手続を厳格に履行しなければならない。

五.乗客は、虚偽の証明や情報を提供した場合、しかるべき法律責任を負わなければならない。

六.中国大使館は、駐在国のPCR検査能力を真摯に評価し、かつ条件を備えた際に具体的な実施方法を公布する。


ここに公告する。

 

原文はこちら