【ご報告】四川省・成都高新技術産業開発区ご一行が来訪されました

9 10 2019

2019910()、中国初の国家級ハイテク産業開発区である成都高新技術産業開発区の陳洪涛管理委員会副主任をはじめとする5名のご一行が当機構を来訪されました。ご一行によると今回の訪日の主要な目的は日本の団体・企業に対して同開発区の詳しい紹介を行い、積極的な企業誘致活動を行うことでした。

ご一行の説明では、開発区内に「中日産業パーク」を設け、そこを中国と日本の経済協力のプラットフォームとしていきたいとのことで、日本のアニメ知財やゲーム等のテーマパークの誘致そして不動産開発、医療関係、情報通信関連等の企業を特に積極的に誘致していきたいというお話しでした。

当機構の前事務局長である嶋原シニアアドバイザーからご一行の来日と当機構への来訪に歓迎の意を表し、当機構の活動内容などについて紹介を致しました。

四川省成都市は中国内陸部に位置しており中国の一帯一路政策の中核都市でもあります。同開発区から提供された紹介資料もございますので同地域への進出をご検討されている方やご興味のある方は是非弊機構にご連絡をお願い致します。