All Posts Blog: JCIPO INFORMATION

【鐘山部長 2020年全国消費促進月間イベントの開会式に出席】

9 10 2020
0
0

「鐘山部長 2020年全国消費促進月間イベントの開会式に出席」 (2020年9月8日 商務部HPより) ・2020年9月8日の夜、2020年全国消費促進月間イベントの開会式が北京で行われ、商務部鐘山部長が出席し、CMGが生中継。 ・本イベントは党中央・国務院の打ち出した内需拡大戦略の確実な実施、新発展モデルの構築、”6つの安定”、”6つの維持”を徹底するために、商務部がCMGと共催。 ・9月9日から10月8日にかけての1か月間、消費促進に関する一連のイベントを行い、企業が10万社以上、実店舗およびネットショップは200万店以上が参画。 (記事原文) http://www.mofcom.gov.cn/article/news/202009/20200902999677.shtml

【中国大使館からのお知らせ】日本から中国へ渡航される方へ:新型コロナウィルスPCR検査陰性証明提示による搭乗開始

海外渡航における健康と安全を確保し、国境を越え感染症が伝播するリスクを低減させるため、中国民用航空局、海関総署、外交部の公告に基づき、2020年9月25日(25日当日を含む)より、日本から中国へ渡航する中国籍及び外国籍の旅客は、3日以内(発行日を基準とする)の新型コロナウィルスPCR検査陰性証明が搭乗手続に必要となります。

【国務院が、北京市における更なるサービス業の拡大・開放に関する回答を発表】

9 09 2020
2
0

【国務院が、北京市における更なるサービス業の拡大・開放に関する回答を発表】 (2020年9月7日  中央人民政府HPより) ・国務院は、北京市における更なるサービス業の拡大・開放に関し、以下の批准内容を発表した。 ・「北京市における更なるサービス業の拡大・開放、国家サービス業拡大開放総合試験区建設等に関する業務方針(工作方案)」(以下、業務方針)に同意する ・本「業務方針」は習近平時代における社会主義思想、「五位一体」、「四箇全面」などの政策に沿い、あらゆる方面での更なる対外開放に貢献すること ・北京市政府は首都としてのその戦略的位置づけから、「業務方針」強力に実践し、中国全土におけるサービス業の発展の先駆けとなること ・国務院及び関係部門は北京市の本施策推進を積極的に支持する。商務部は「業務方針」が確実に実行されるよう、関係部門と協力し指導、評価を行なう ・関連法規の変更が必要な場合、国務院はこれを行ない、また、本施策推進にあたり重大な問題が発生した場合には、北京市並びに商務部は国務院に対し報告を行なうこと (記事原文) http://www.gov.cn/zhengce/content/2020-09/07/content_5541291.htm

『習近平主席 2020年中国国際サービス貿易交易会グローバルサービス貿易サミットの席上で挨拶』

9 08 2020
0
0

『習近平 2020年中国国際サービス貿易交易会グローバルサービス貿易サミットの席上で挨拶』 (2020年9月5日 商務部HPより) ・習近平は挨拶の中で以下のように述べた。 「現在、世界は未曾有の大きな変化の中にある。新型コロナウイルス感染症がこの変化を加速させており、保護主義、一国主義が増え、世界経済は低迷している。感染症が世界中で流行しているこの時、遠隔医療、オンライン教育、越境ECなどのサービスの幅広い応用は、各国経済の安定や世界の新型コロナウイルスに対抗する協力の推進に重要な役割を果たす」 ・さらに、サービス業の開放とその協力について次の三つの提案を行った。 ①開放的、包括的な協力環境を共同で構築していく ②革新をけん引する協力型アクティビティを共同で活性化していく ③互恵・ウィンウィンの協力局面を共同で切り開いていく ・また、習近平は北京に科学技術革新、デジタル経済などを主な特徴とした自由貿易試験区を建設することを明らかにした。 (記事原文) http://www.mofcom.gov.cn/article/ae/ldhd/202009/20200902998963.shtml

【法令】『商業秘密保護規定(意見聴取稿)』に対する意見の公開聴取

国家市場監督管理総局は、以下の意見聴取稿を発表し、多くの方からの意見を求めています。 HP原文+意見聴取稿は以下でご確認ください(中国語)。 『商業秘密保護規定 (意見聴取稿)』 http://www.chinalaw.gov.cn/government_public/content/2020-09/04/657_3255348.html

【市場監督管理総局:第5回食品不合格状況の通知について】

9 07 2020
0
0

【市場監督管理総局:第5回食品不合格状況の通知について】 (9月3日 市場監督管理総局HPより) ・8月31日に市場監督管理総局から第5回食品不合格状況の通知が公布された。 ・対象は食用農産品、インスタント食品、冷凍食品など11大分類の食品に連なる61品目サンプルによる抜き取り検査を実施。 ・市場監督管理総局では不合格品を生産する企業の所轄市場監督管理局に対して直ちに是正と処分を指示。 ・不合格内容は、非食用物質の検出・微生物汚染・残留農薬・品質基準未達など多岐にわたり、通知では企業名を挙げて公開。 (記事原文) http://gkml.samr.gov.cn/nsjg/spcjs/202009/t20200901_321291.html