【中華人民共和国の第1四半期の経常黒字 同期間の過去最高益を記録】

6 28 2022
0
0

(2022/6/25 中央人民政府HPより) ・国家外貨管理局の発表では2022年の第1四半期の国際収支は経常黒字が889億ドルであり、同時期の過去最高であった。 ・サービス貿易の赤字は引き続き縮小し、国境を越えた双方向の投資と資金調達がより活発になった。 ・商品貿易黒字が前年比18%増の1,450億ドルであり、内訳は商品輸出が前年比16%増の8,031億ドル、輸入が前年比15%増の6,582億ドルであった。輸出入の規模は共に同期間過去最高レベルに達した。 ・金融口座資産は1,291億ドル増加し、内訳は取引による準備資金の純増加が393億ドル、非準備金融口座資金の純増加が898億ドルであった。 ・国家外貨管理局副局長で報道官の王春英氏によると、外国直接投資と中国への直接投資はどちらも前年比で成長を続けており、これは外国投資が中国に投資する強い意欲を持っていることを示しており、中華人民共和国の外国直接投資は合理的かつ秩序あるものである。 ・2022年3月末の外国為替局の発表では対外資産は9兆2,383億ドル、対外負債は7兆2,943億ドルで2021年末からそれぞれ0.9%と0.6%減少し、基本的な安定を保っている。 (記事原文) http://www.gov.cn/xinwen/2022-06/25/content_5697707.htm

EYグレーター・チャイナ/EY新日本有限責任監査法人 編/江海峰(Alex Jiang)監修 『グレーター・チャイナの経済・金融ハンドブック(中国・香港ビジネスの最前線)』

6 28 2022
1
0

「一帯一路」構想、Fintechの推進、人民元の国際化など全体像からポストコロナの情勢まで、詳細なデータに基づき、激動する中国・香港の現在と今後がわかる!
中国ビジネスに関わる投資家・金融機関・研究者必携の書。


【協力】TJCC「中国ビジネス無料相談会」開催のご案内

当機構の会員企業であるTJCCコンサルティンググループ様より下記「中国ビジネス無料相談会」開催の案内が届きましたのでご紹介申し上げます。ご関心のある会員企業様におかれましては下記ご参照の上、直接申込みお願い致します。 ============================================= 平素より大変お世話になっております。 TJCCコンサルティンググループでございます。 弊社ではこのたび7月20日・21日に中国ビジネス無料個別相談会を開催致します。 コロナウイルスの蔓延が始まってすでに2年超が経過し、 世界的に人の移動も徐々に緩和されてきていますが、 中国においても長く続いた上海地域の封鎖措置が解除され、 国全体で経済再興に向けた多くの支援策が示される状況を迎えています。 弊社ではこの時期に合わせ、中国ビジネス全般を対象とした相談会を開催いたします。 中国での企業運営における税務面、通関物流面、人事労務面のご相談、 各種優遇政策活用、中国進出・現地での拠点統廃合のご相談をはじめ、 中国ビジネスに関わるご相談に、弊社コンサルタントが幅広く対応いたします。 相談会は弊社の東京事務所にて開催を予定しておりますが、オンライン方式での対応も可能ですので、 皆様のご都合に合う方式でお気軽にご相談頂ければと思います。 ◇中国ビジネス無料個別相談会 ■日時:2022年7月20日(水)、7月21日(木)の各日下記時間帯 ①10:00~11:00 ②11:30~12:30 ③13:30~14:30 ④15:00~16ː00 ■場所:TJCC東京事務所 東京都港区港南2-15-1品川インターシティA棟28階(JR品川駅港南口前) ※オンライン方式での相談対応も可能です。 ※当日は弊社中国拠点のコンサルタントもオンラインで参加いたします。 ■内容:中国ビジネスに関するご相談でしたら何でも対応いたします。 ■参加費:無料   ■お申込方法: 下記項目をメールにてお送りください。 <お申込み項目> ①会社名: ②部署/お役職: ③お名前: ④お電話番号: ⑤希望日時 第1希 ...

【国務院『デジタル政府建設の強化に関する指導意見』を公布】

6 27 2022
0
0

(2022年6月23日、中央人民政府HPより) ・国務院は6月23日、『デジタル政府建設の強化に関する指導意見』を公布し、経済・社会のデジタル化への対応、デジタル化の発展による恩恵の開放、デジタル政府の全面的な構築に関する施策を講じる。 ・本意見では2段階の目標を掲げており、まずは2025年までに政府ガバナンス能力の現代化に適応するデジタル政府のトップダウン設計をより完備させ、統一的な調整メカニズムを健全化することで、党と国家の主要戦略に貢献し、質の高い経済・社会の発展を促進し、中国国民が満足するサービス型政府の構築等において重要な役割を果たす。 ・2035年までに国家管理システムと管理能力の現代化に適合したデジタル政府システムの枠組みをより成熟、完備させることで、迅速、効率的、透明かつ公平なデジタル政府が確立し、社会主義の現代化の実現に力強いサポートを提供、また2段階の目標達成の為、7つの重要なタスクを明確にした。 ・本意見では、国務院の指導者をリーダーとしたデジタル政府構築指導グループの設立、デジタル政府構築に向けた統一的な計画・指導が提案され、各地区・各部門は、デジタル政府構築のための指導・協調メカニズムを確立・健全化し、デジタル政府構築の秩序ある推進を保障しなければならない。 (原文記事) http://www.gov.cn/xinwen/2022-06/23/content_5697326.htm

【李克強総理 河北省を訪問 食料とエネルギーの安全保障を強調】

6 23 2022
0
0

(2022年6月21日   中央人民政府HPより) ・李克強総理は21日、河北省の高碑店/涿州を訪問し、夏の需要ピークに向けて食料とエネルギーの安全保障を担い、人々の生活を守るために経済・物価の安定をしっかり支えていくことを強調。 ・中国の穀物供給は豊富かつ今年は昨年よりも豊作であり、物価の安定に欠かせない存在であると同時に世界の穀物市場の安定に貢献したこと。 経済を適正な範囲で回していくためには、安定した雇用と物価の2つが重要な指標であり、物価の安定を支える基本は食料とエネルギーにあること。また、近年は過剰な通貨発行を行わず慎重な金融政策を実施したため主要指標は正常な範囲に収まっているが、非常に重要なことはインフレを防止し新たな課題に対応して金融政策を柔軟に実施する余地を残しておくこととした。 ・さらに「発展は中国のあらゆる問題を解決するための基礎であり、鍵である」と述べ、夏の電力需要ピークに向けて先進的かつ効率的でクリーンな石炭火力発電の容量を拡張し、揚水発電プロジェクトの建設を加速し、電力供給能力の増強と風力発電などの新エネルギー開発への支援をもって消費電力の向上を図り、中国が世界のエネルギー市場の価格と供給の安定に貢献していくことを強調した。 (記事原文) http://www.gov.cn/premier/2022-06/21/content_5697000.htm