Blog: JCIPO INFORMATION
Term: 北京事務所より
10 post(s) found

【挿隊的日子~下放の日々~】(2)

6 26 2017
9
0

二.「初生牛犢」~怖いもの知らず~ 

数日間の知識青年教育が終わった。

4月の最初の日、私たちは正式に農民となり、「地球の修理」――農作業をして労働点数を稼ぐ生活を始めた。何事も最初は難しいもの。幸先の良いスタートを切るために、私たち20人は申し合わせたかのように同じ服装――薄緑色のベトナム軍服を着て(ベトナム戦争期、中国軍人はベトナム国内でベトナム軍人と同じ軍服を着ていた)、白い運動靴を履いていた。この衣裳は、1975年9月の第三回全国運動会の開会式で披露された大型マスゲーム『紅旗頌』のために労働者に支給された練習着だった。麦わら帽子をかぶり、シャベルを担いで、曲がりくねった田の畔を一列に並んで歩いていく様は、さながら青春の息吹に満ちた一幅の絵巻物のようだった。

【北京の二十四節気】夏至-老北京炸醤麺大王-

6 21 2017
51
0

夏至-老北京炸醤麺大王(ジャージャン麺)(2017年6月21日 曇り一時雷雨 最高気温 32℃、最低気温 22℃)

 

夏至(げし)になりました。このコラムは、昨年の夏至(2016年6月21日)から始めましたので、ちょうど丸1年になりました。これまで続けることが出来ましたのも、読者の皆様のご協力の賜物です。心から御礼申し上げます。引き続き、北京の庶民の暮らしを中心に紹介していきたいと思いますので、ご支援のほどお願いいたします。


さて、今回はジャージャン麺(中国語=
炸醤面 zha jiang mian)の有名店“老北京炸醤麺大王”を紹介します。ジャージャン麺は日本でも知られるようになってきましたが、北京の人々にとっては小さいころから四季を通じて最もよく食べる、まさにソウルフード(魂の料理)と言ってよいものです。

【北京の二十四節気】芒種-地安門の凧屋のその後-

6 05 2017
56
0

●芒種-地安門の凧屋のその後(2017年6月5日 曇りのち小雨 最高気温 29℃、最低気温 15℃)

芒種(ぼうしゅ)になりました。東京ではまもなく梅雨入りの時期ですが、北京では雨がじとじと降り続く梅雨はありません。大陸性気候というのでしょうか、雨が降るときは、スコールのようにドシャ降りになりますが、しばらくするとからりと晴れ上がります。

さて、「清明・2017年4月4日」の項で、“地安門の凧屋”を紹介しました。あれから2ヶ月が過ぎ、凧屋が大きな苦境に立たされています。今回は「凧屋のその後」を紹介します。

【新連載】挿隊的日子~下放の日々~(1)

5 29 2017
42
0

当機構北京事務所の邢(シン)恕平さんは、勤続〇年の実直な運転手さんです。そのシンさんは、青年時代いわゆる「下放」、都市青年が農民の生活に学ぶ運動に参加し(させられ)農村に派遣されました。
その時の経験談をまとめてくれましたので、事務局で翻訳し、随時当「北京事務所より」の欄に掲載します。今回はその第1回です。
かなりのボリュームがありますので、じっくりお読みください。


 

【北京の二十四節気】立夏-牛街、回教徒の街-

5 05 2017
58
0

●立夏-牛街、回教徒の街-2017年5月5日(金)( 黄沙のち晴れ 最高気温 20℃、最低気温 14℃)

立夏(りっか)になりました。昨日から北京をはじめとする華北地域では、黄沙が荒れ狂い、外出を控えることを呼びかける黄沙警報が出ました。実際に、北京では、辺り一面が黄色となり、ひどい時には視界が100mほどになりました。ただ、この黄沙も今日午後からは姿を消し、きれいな青空となりました。
今回は北京の牛街(niu jie)を、写真を中心に紹介します。


【北京の二十四節気】穀雨-護国寺の北京伝統の甘味-

 

穀雨雨-護国寺の北京伝統の甘味(2017年4月20日 晴れのち曇り 最高気温 22℃、最低気温 10℃)

春の最後の節気である穀雨(こくう)になりました。穀雨とは穀物の成長を助ける雨のことで、田畑を準備し、苗を植え、苗を育てるこの時期に降る恵みの雨のことを指します。しかし、北京では雨は滅多に降らず、乾燥した日々が続いています。
さて、今回は北京伝統の甘味を紹介します。

【北京の二十四節気】清明-地安門の凧屋-

4 04 2017
46
0

●清明-地安門の凧屋(2017年4月4日 曇りのち小雨 重度汚染 最高気温 21℃、最低気温 12℃)

今から百年以上前の清の時代、春の日差しが明るくなる清明のときに、王族、貴族は郊外の墓にお参りしてから凧揚げをして遊んだと言われています。日本で凧揚げと言えば、正月に子供が揚げるものですが、中国では、大人のものです。

【北京の二十四節気】啓蟄-通州に北京行政副中心-

●啓蟄-通州に北京行政副中心(2017年3月5日 曇り 最高気温 11℃、最低気温 -2℃)

啓蟄(けいちつ)は、春になり、大地が暖かくなるにつれて、冬籠りしていた虫が、もぞもぞと這い出してくる時節を指します。北京でも最高気温が10℃以上となり、虫ばかりではなく、我々人間も寒い冬からやっと解放された気分になり、外歩きを始めようかと思うようになります。
さて、今までは北京の伝統が残る旧城内(第二環状線の内側)を中心に紹介してきましたが、今回は暖かくなったことでもあり、外に飛び出し、北京にある十六の区の一つ通州区を紹介します。


●啓蟄-通州に北京行政副中心(2017年3月5日 曇り 最高気温 11℃、最低気温 -2℃)


啓蟄(けいちつ)は、春になり、大地が暖かくなるにつれて、冬籠りしていた虫が、もぞもぞと這い出してくる時節を指します。北京でも最高気温が10℃以上となり、虫ばかりではなく、我々人間も寒い冬からやっと解放された気分になり、外歩きを始めようかと思うようになります。
さて、今までは北京の伝統が残る旧城内(第二環状線の内側)を中心に紹介してきましたが、今回は暖かくなったことでもあり、外に飛び出し、北京にある十六の区の一つ通州区を紹介します。

●啓蟄-通州に北京行政副中心(2017年3月5日 曇り 最高気温 11℃、最低気温 -2℃)

啓蟄(けいちつ)は、春になり、大地が暖かくなるにつれて、冬籠りしていた虫が、もぞもぞと這い出してくる時節を指します。北京でも最高気温が10℃以上となり、虫ばかりではなく、我々人間も寒い冬からやっと解放された気分になり、外歩きを始めようかと思うようになります。
さて、今までは北京の伝統が残る旧城内(第二環状線の内側)を中心に紹介してきましたが、今回は暖かくなったことでもあり、外に飛び出し、北京にある十六の区の一つ通州区を紹介します。
最新情報
【挿隊的日子~下放の日々~】(2)2017/06/26
【ご案内】 「日本企業の対中投資動向2017」報告会の開催(広州7/21、上海7/24、北京7/26、東京8/2、名古屋8/7)2017/06/26
【ご報告】第1回『中国通関塾』を開催しました2017/06/26
【後援】「2017年日中経済協力会議ー於吉林」(8/27~30)2017/06/25
【ご案内】7月18日開催「健康産業・製造業交流会」2017/06/23
【ご報告】第26回中小企業支援委員会専門部会を開催しました2017/06/23
【後援】株式会社クロスボーダーエイジ 独立記念特別企画「中国保健食品市場の最新動向を理解し新法制での届出制・登録制での中国市場進出を本気でスピードアップさせるセミナー」(7/5)2017/06/22
【北京の二十四節気】夏至-老北京炸醤麺大王-2017/06/21
【ご報告】中日投資促進委員会と事務局会議を開催しました2017/06/19
【ご案内】7月14日開催<人事セミナー>『自発的に動く中国人リーダー育成のための人事制度構築』~「任せられない」からの脱却、中国人幹部層育成のために~2017/06/15
【北京の二十四節気】芒種-地安門の凧屋のその後-2017/06/05
【協力】「山東省の省エネ政策・省エネニーズセミナー」のご案内2017/05/30
【ご報告】<緊急セミナー>『米中関係の行方と中国経済成長の課題』を開催2017/05/29
【新連載】挿隊的日子~下放の日々~(1)2017/05/29
【法令】『外商投資企業設立および変更届出管理弁法(意見聴取稿)』に対する意見の公開聴取2017/05/29
【後援】中国深圳市龍崗区投資説明会 及び経済貿易商談会のご案内(6月12日)2017/05/25
【ご報告】第10回「中国中部投資貿易博覧会」に参加しました2017/05/25
【ご案内】6月23日開催<2017年度セミナー>第1回『中国通関塾』2017/05/23
【協力】江蘇省常州西太湖科技産業園交流会のご案内―医療機器及び健康産業政策の紹介―2017/05/22
【北京の二十四節気】小満-牛街清真寺-2017/05/21
123456789