【挿隊的日子~下放の日々~】(7)

11 28 2017

7.意外収穫~思いがけない収穫~


知識青年たちは農村に居る期間が長くなると誰しもホームシックにかかったものだが、私たち生産隊の知識青年は、一週間ごとにそのホームシックになった。

我が校からの20人は、この生産隊の中だけでなく、北京市全体の知識青年の中でも、一番家が近く、その距離はおよそ12㎞。交通の便もとても良く、公社員から農副産品を買ったり、交換したりした後、350番バスに小一時間も乗れば家に帰れたし、歩いたとしても三時間はかからなかった。

公社員から手に入れた農副産品はもちろん家に帰るための口実で、より重要なのは肉や酒にありつくことであり、ついでに何がしかの物をかき集めて持ち帰ることである。というわけで、私たちは家に帰ることを「掃討作戦」と呼んでいたのだが、家にいる両親にしてみれば「災難」と言うべきであった。仕方ないではないか。食い意地が張っていたのだから。

誰かが「掃討」から戻ってくる度に、みんなが蝿のようにワッと群がり、すばしこい者は有無も言わせずにカバンをぶちまけて、食べられるものを口に押し込んでしまう。

自分が家から戻ったのを知られないように、夜、みんなが寝静まった後とか、部屋に誰もいない時に、持ち帰った食べ物をこっそり隠し、独り占めするようなケチなヤツもいた。相部屋の人でもめったに気づくことはないので、分け前のあずかりようがない。

この手のヤツの、誰かが食べ物を配る時の能力と言ったら見くびることはできない。自分は仲間だと言わんばかりに思う存分食べるのだ。誰かにたかって食べたり飲んだりする様は、まるでモリエール作『守銭奴』のアルパゴンのようだった。私たちは「雀のおなら――しみったれ」と軽蔑していた。

公社員から手に入れた農副産品の大部分は家に送り届けたが、少しは手元において自分の「ぜいたく」のために使った。

それをどうやって食べるか?観察の結果、ハンドトラクターのラジエータは、熱を放出させるほかに、食べ物の加熱や煮炊きの機能も提供してくれている、ということを発見した。卵は食糧キップを使って公社員のところで交換したものだし、トウモロコシやサツマイモは、生産隊の畑に山ほどあるわけで現地調達が可能。何事も節約できるものは綿密に計算して、自分の食糧キップを無駄にすることはない。トラクターのラジエータの「特殊機能」を開発してからというもの、私たちの腹を満たす技術は生産隊の中に広まっていった。

どのようにしたら生産隊の食糧生産量を上げられるか、という方面の造詣を深めることについては少しも関心がなかった。
今、思い返すと慚愧に堪えない。



つづく

最新情報
【協力】ブランドキープサービス記念セミナー 「新しい商流文化」が描く「価値づくり」の未来へ 2017/12/12
【ご報告】江西省投資促進局ご一行が来訪されました2017/12/07
【ご報告】「駐日代表処の集い」を開催しました2017/12/07
【北京の二十四節気】大雪-アリババのスーパー-2017/12/07
【協力】日中経済協会主催「深セン前海蛇口 自由貿易試験区」説明会のご案内2017/12/06
【法令】『2018年一部祝祭日調整に関する通知』 2017/12/01
【挿隊的日子~下放の日々~】(7)2017/11/28
【協力】日中経済協会主催「第三国市場における日中民間経済協力」説明会2017/11/28
【北京の二十四節気】小雪-中国の新幹線-2017/11/22
【ご報告】2017年度 第1回「経営問題研究会」を開催しました2017/11/16
【ご報告】第27回中小企業支援委員会専門部会を開催しました2017/11/14
【北京の二十四節気】立冬-揚州行-2017/11/07
【挿隊的日子~下放の日々~】(6)2017/10/31
【ご案内】『初心者でもわかる!中国ビジネス担当者セミナー』のご案内(日本・香港)2017/10/30
【ご報告】2017年「中国外資政策セミナー(東京・大阪)」を開催しました2017/10/26
【ご報告】第3回『中国通関塾』を開催しました2017/10/26
【北京の二十四節気】霜降-人狼ゲーム-2017/10/23
【後援】華鐘コンサルタント他 第23回秋季中国セミナー「当面の中国経済情況と日系企業事例報告」(11月10日~16日)2017/10/20
【ご案内】2017年度第1回経営問題研究会『中国における債権紛争解決』2017/10/17
【後援】日中経済協会・日中東北開発協会共催 会員セミナー「吉林経済と一帯一路」(11/2)2017/10/13
12345678910...