【挿隊的日子~下放の日々~】(6)

10 31 2017

6.「有利可図」~ぼろ儲け~ 


農村の知識青年の中には、近所の家を訪ねて回るのが好きな者がいて、毎日出かけなければ気が済まない者もいた。これは公社員との関係を良くするのに最も効果的な方法であり、農産品を買うこともでき、その上、おしゃべりをして退屈しのぎをすることもできた。

まずは米。米1斤(500g)を買うには現金2角と1斤分の食糧配給キップが必要で、この米はその年に生産隊が収穫して加工したもの。ニワトリの卵1斤は、6斤分の食糧キップか現金1元と高額な取引で、公社員はこれを「ニワトリ銀行」と呼んでいた。サツマイモやトウモロコシは、1斤分の食糧配給キップで1斤分の現物と交換できる。

手元に余っている食糧配給キップは、知識青年の『取引』の第二の通貨となる。米は公社員の家族が食べるためのもの。卵は購買販売協同組合へ一定量を納めた後のストック。サツマイモやトウモロコシは、自分の家の自由耕作地で栽培したものだ。
食糧と現金や食糧配給キップ、このような互いの足りないものを融通し合う『売買』はこっそりと行うしかなく、もしばれたら物資の横流し、統制購入販売や市場供給違反のレッテルを貼られてしまうこと必定だ。

少々説明が必要かもしれない。経済的に困窮し、文化的にも遅れていたあの時代は、農産品の待遇が全国の他の地域よりも良かった北京市民でさえも、配給キップを出して、しかも規定の分量しか供給されなかった。
雑穀と米が五割ずつで、一人当たり日平均1斤の穀物でどうにかこうにか暮らしていたのだ。男の子が多い家庭は、それは悲惨で、『子供が親の食い扶持まで食べてしまう』とよく言われていたものだ。その日の食べ物にも事欠くありさまでもどうしようもなかった。焦ってみても気をもんでみても仕方ない。
卵はさらに貴重品で、国慶節や春節に限って、副食品手帳と卵配給キップで、一家庭当たり二斤(1㎏)の、新鮮かどうかもわからない卵が供給された。通常は、家族に妊婦か手術後に療養している病人がいる場合、病院の証明書があってはじめて規定量の卵を買うことができた。悪くなった卵を買わされないために、重さを量った後、必ず灯りに透かして検査をし、悪くなった卵を家に持ち込まないようにした。

その頃、ある副食品市場の入り口に、夜のうちに誰かがこんな対聯を貼りつけた。上の句が「二至九(二から九)」、下の句は「南到北(南から北)」、横額は「差什麽(足りないものは)」。これはつまり「一(衣)と十(食)が足りず、東西(物)がない」ということを暗に示していた。市場の供給に対する不満を漏らしたことが、社会に対して不満を持っているということになり、その結果、社会主義制度を中傷し、攻撃したとの批判を受け、政治事件となってしまった。

退屈しのぎにおしゃべりに行く人々の話に戻ろう。
一見したところ交換する農副産品がないような人が大物を釣り上げることもあって、本当にそういうこともあった。
当時、思春期まっただ中の男女の恋愛は、まるでやましいことのように、こそこそしなければならなかった。そのドキドキ感で、長年よもやま話をしているうちに愛情が芽生え、そうこうするうちに結婚してしまうのだ。よその学校から来ていた先輩知識青年の中には、嫁入りや婿入りして農家に永久就職する人たちもいて、私たちのような定住を考えない者たちは、その身を挺した実践行動は農村に生涯を捧げた模範である、と言っていた。

とにもかくにも、近所を訪ねて回るのが好きな人たちには、それぞれ得るものや、楽しみがあったのである。


7.意外収穫~思いがけない収穫~




最新情報
【ご報告】中日投資促進委員会と事務局会議を開催しました2018/09/14
【会員割引あり!】「2018年版・中国内製造業拠点向け環境規制の最新動向と環境実務の注意点」2018/09/12
【会員割引あり!】水野真澄氏登壇特別セミナー「中国ビジネス制度全集・会計税務編」2018/09/11
【ご報告】「第20回中国国際投資貿易商談会」に参加しました2018/09/10
【北京の二十四節気】白露-中国鉄道博物館(その壱)-2018/09/08
【後援】『一般社団法人日本深圳経貿文化促進会 設立大会』のご案内 2018/09/07
【挿隊的日子~下放の日々~】(13)その2 【最終回】2018/08/29
【北京の二十四節気】処暑-前門の斜め道-2018/08/23
【ご報告】海南省視察を実施しました2018/08/23
【ご報告】厦門市共産党組織部ご一行が来構されました2018/08/10
【宣伝協力】中国ビジネス無料セミナー『2018年の中国税務・税関最新政策動向』(TJCCコンサルティンググループ)2018/08/08
【ご報告】貴州省発展改革委員会ご一行が来訪されました2018/08/07
【北京の二十四節気】立秋-天津行-2018/08/07
【ご案内】2018年度第2回経営問題研究会『中国におけるトヨタの環境取り組み』2018/08/02
【協力】日中経済協会主催「吉林省長春新区ビジネス交流会」のご案内2018/07/31
【挿隊的日子~下放の日々~】(13)その12018/07/24
【北京の二十四節気】大暑-北京劇装廠-2018/07/23
第28回中国ビジネス実務セミナー規約2018/07/11
【よくあるご質問=中国ビジネス実務セミナー】第28回は2018年10月3日~10月5日開催 ★随時更新中2018/07/11
【ご案内】第28回「中国ビジネス実務セミナー」-外資開放の進む中国市場での新たなビジネスチャンス-(10月3日~5日)2018/07/11
12345678910...