【新コラム・北京の二十四節気】夏至-空竹-

6 22 2016

日本にいたときには、二十四節気と言われても、日本の気候と合わないことが多く、暦の上で、「今から夏(立夏)です」とか、「今日から冬(立冬)です」と言われても、ピンと来なかったものです。

しかし、北京で2年余り暮らしていますと、春夏秋冬を太陽の運行角度に基づいて、6つの節気に分ける二十四節気が、中国の気候とまさに一致していることに気付きました。
当然のことながら、二十四節気は、殷とか周(紀元前178世紀)といった途方も無い大昔から使われ、長い暮らしの中で、中国の人々が培ってきたものです。

近年、日中関係はギクシャクし、日本人の対中感情は悪化の一途をたどっています。日本人は往々にして、現実を知るよりも、感情が先立つ傾向があると思います。そのような意味で、相手(中国)を冷静に知ることが必要ではないかと思います。

偉そうなことを言ってしまいましたが、本稿では、あまり大上段に構えずに、北京の名所旧跡なり、花が咲いた、雨が降った、これが美味しいなどといった北京の人々の生活と小さなことがらを、二十四節気に基づいて、写真を中心に紹介していきたいと思います。
皆様には、気楽にお付き合い頂ければと思います。

 ●夏至(2016621日 くもり 最高気温 32℃、最低気温 22℃)


陽が一番長い日です。但し、この日が一番暑いわけではなく、これから暑さが増して行きます。
夏至のころから約1ヶ月~1ヶ月半、蓮の花が見所となります。北京で有名な場所は、円明園、北海公園などです。 

北海公園を歩いていたところ、暑い日差しを避けた木陰で、おじいさんが若い親子に「空竹」という中国ゴマを教えていました。おじいさんの口上が面白く、コマもうまく回ったり、回らなかったりするため、皆さん、楽しそうに笑っています。生活が落ち着いたからでしょうか、北京では家族の笑顔が増えているように感じます。



※写真は北海公園(北京事務所・谷崎秀樹)

最新情報
【オンラインセミナー】「ここまで進化している!若い中国富裕層~消費・インバウンドの動向、日本へ期待する事~」(2022/9/22)2022/08/17
【協力】TJCC「日中国交正常化50周年オンライン特別セミナー~これからの中国を投資先としてどう見るか?」開催のご案内2022/08/14
【産業政策】  2022/08/10
『「野尻眼鏡」中国盛衰記④』2022/08/09
【効率的かつ円滑な輸送網の確保】2022/08/09
第34回中国ビジネス実務セミナー2022/08/09
【協力】日本国際貿易促進協会「日中経済の新動向とグローバルサプライチェーンの再編」シンポジウムの開催ご案内2022/08/09
【オンラインセミナー】第34回中国ビジネス実務セミナー開催のご案内(2022/10/6,7)2022/08/09
【セミナー】SPEEDA 『中国の「今」を知るデジタル経済の成長 スタートアップ・ECビジネストレンド』(2022/8/23)2022/08/09
【セミナー】『東芝が進める、研究開発起点の新規事業開発とは』(2022/8/30)2022/08/09
【国家発展・改革委員会およびその他の部門による入札の厳格な運用強化について】2022/08/08
【中国共産党中央委員会政治局:経済状況と経済活動を分析・研究するための会議を開催】2022/08/08
【新会員をご紹介します】ワタナベフーマック株式会社2022/08/08
【商務部発表情報】2022/08/03
【ご報告】当機構事務局長岡豊樹の富山県日中友好協会主催講演会の内容が「日本と中国」新聞に掲載されました(2022/7/31)2022/08/03
【サービスアウトソーシング産業の新卒者の雇用誘致に関する積極的な取り組みに関する通知】2022/08/02
【ご報告】当機構の佐藤会長が「第二回中日産業イノベーション発展交流大会」にビデオ登壇いたしました。2022/08/02
【中国は世界一位の製造業大国としての地位を維持】2022/07/29
【北京だより】7月28日号2022/07/28
『第2回:中国企業の対米直接投資動向』2022/07/28
12345678910...