【セミナー】『東芝が進める、研究開発起点の新規事業開発とは』(2022/8/30)

8 09 2022

平素は当機構の活動に格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

日中投資促進機構では、当機構以外の団体が企画している一部のセミナーにつきましても案内を協力しており、会員さまがお申込みいただけるようにしておりますのでご活用ください(セミナーにより主催団体の参加条件もありますのでご留意ください)。

今回は株式会社ユーザーベース(SPEEDA China)様が主催される中国ビジネスセミナーをご案内いたします。お申込みやお問い合わせは、主催団体に直接コンタクトをお願いいたします。

================================================
<SPEEDA china セミナー>
東芝が進める、研究開発起点の新規事業開発とは -東芝(中国)有限公司-

<セミナー概要>
目まぐるしく環境が変化する中国市場において、東芝では、中国に研究開発拠点を設置し、中国市場に向けた製品開発を現地で進めることで、中国顧客が求めるスピード・コストに対応していくことに力を入れています。

中国での研究開発を進めるうえで重要な考え方とは?
東芝は研究開発をどのように製品開発に活かしているのか?

今回は東芝の大内様にご登壇いただき、AI技術を活かし、音声認識で製造業向けの生産性向上に取り組む事例や、セキュリテー課題を解決するto B向け翻訳サービスについてお話を伺っていきます。

新規事業開発に携わる方や経営者、事業を率いるリーダーの方はもちろん、そして中国ビジネスの今を知り、事業のヒントを得たい方も、ぜひご視聴ください。

■登録サイト(詳細&申込み)
http://ub-speeda.cn/jp/event/20220830

アジェンダ詳細とお申し込みは下記のQRコードをスキャンしてご覧いただけます。
 

■配信日時
2022年8月30日(火)
中国時間 10:00~10:30
日本時間 11:00~11:30

■登壇者
東芝(中国)有限公司 副総裁 兼 研究開発センター 所長      大内 一成 氏

■参加費:無料

■タイムテーブル
10:00-10:35(CN) 東芝が進める、研究開発起点の新規事業開発とは
10:35(CN) 閉会

<お問合せ先>
上海优则倍思信息科技有限公司
中国上海市延安中路1440号阿波罗大厦606室
china.event@uzabase.com

思必达- 中国の今がわかる 経済情報プラットフォーム
https://ub-speeda.cn/jp/

SPEEDAセミナー一覧はこちら
https://ub-speeda.cn/jp/event

最新情報
【2022年G 20貿易・投資・工業閣僚会議がインドネシアで開催】2022/09/27
【産業政策】 2022/09/26
【中国-ASEAN 生産能力・投資協力フォーラムを開催】2022/09/26
【米中関係】2022/09/26
【米国の対中関税は「懲罰的」ではない、米国通商代表述べる】2022/09/26
【ご報告】上海市浦東新区駐日本経済貿易事務所・叢佳首席代表が来訪されました(2022/9/20)2022/09/22
【ご報告】中国・ASEAN博覧会事務局との協力に関する覚書締結のオンライン会議に参加し、覚書を締結しました(20220915)2022/09/22
【ご報告】第5回オンラインセミナー(講師:行楽ジャパン袁 静氏、俳優・脚本家 松峰 莉璃 氏)を開催しました2022/09/22
【ご報告】「2022年度上期駐日代表処の集い」を開催しました(2022/9/16)2022/09/20
【北京だより】9月16日号2022/09/16
2022年度開講 中国マネジメントプログラム特別講座(11月4、8、11日)2022/09/16
【ご報告】「第三期チャイナマネジメントスクール」(第5回)を開催しました(9 /15)2022/09/15
【商務部発表情報】2022/09/15
【G20開発大臣会合、インドネシアにて開催】2022/09/15
【ご報告】「日中交流50年を振り返るパネルディスカッション」を開催しました(2022/9/7)2022/09/14
『火垂るの墓』2022/09/14
【ご報告】株式会社大分銀行向けに勉強会を開催しました(2022/9/9)2022/09/14
【講義のポイント(2日目)】第34回中国ビジネス実務セミナー(2022/10/6,7)2022/09/13
【講義のポイント(1日目)】第34回中国ビジネス実務セミナー(2022/10/6,7)2022/09/13
【ご報告】第42回中小企業支援委員会を開催しました(2022/9/12)2022/09/13
12345678910...