【北京だより】7月28日号

7 28 2022

今週、北京は猛暑が続いて、空調がなければ生活が成り立たない毎日です。このような暑さの中でも、「常態化核酸検査」が続き、72時間に1回、市民らがPCR検査を受けています。下図はある住宅団地内のPCR検査拠点の様子です。偶には、検査の結果が翌日まで出なくて、地下鉄等の交通手段も利用できず、出勤できなくなってしまうケースもあります。

 

各住宅団地の入り口でも厳しい検査が続いているようです。団地に入る度に、入り口に張り付けられているQRコードをスキャンし、PCR検査の結果が3日以内であることが義務付けられています。下図は長富宮オフィスビルの向こう側にある「華僑村」住宅団地の入り口の様子です。

 

夏になり、各種の「地攤」(露店経済)があちこちで見かけるようになりました。下図は自宅付近で撮影した写真で、子供の玩具等を売っている「地攤」の様子です。スーパー等に比べれば、2割ぐらい安くなっています。

 

また、コロナ以来、飲食店は不景気で倒産したところが多く、新装開店は非常に珍しいですが、 最近、自宅付近で小さな店が新しく開業しました。開業当日、店の前に飾ってある「麦穂花」(大麦ブーケ)に目を引かれました。下図は「麦穂花」の様子です。黄色く染められ、赤やピンクの包装紙でパッキングされ、とても綺麗です。

 

ネットで調べたところ、この「麦穂花」は2020年から流行し始めたもので、成熟した麦の穂は豊作と実りを象徴し、同時に「大麦」は中国語においては「大売」と同じ発音なので、しかも普通の花より、「麦穂花」のほうは値段が安くて、保管期間が長いため、かなり人気高くなってきています。ネット販売の値段は大体二つの花籠で70元~90元前後だそうです。今後、多分店の開業祝などには、ますますこのような「麦穂花」を使うことになるでしょう。

以上

 

 

 

最新情報
【産業政策】  2022/08/10
『「野尻眼鏡」中国盛衰記④』2022/08/09
第34回中国ビジネス実務セミナー2022/08/09
【協力】日本国際貿易促進協会「日中経済の新動向とグローバルサプライチェーンの再編」シンポジウムの開催ご案内2022/08/09
【オンラインセミナー】第34回中国ビジネス実務セミナー開催のご案内(2022/10/6,7)2022/08/09
【セミナー】SPEEDA 『中国の「今」を知るデジタル経済の成長 スタートアップ・ECビジネストレンド』(2022/8/23)2022/08/09
【セミナー】『東芝が進める、研究開発起点の新規事業開発とは』(2022/8/30)2022/08/09
【国家発展・改革委員会およびその他の部門による入札の厳格な運用強化について】2022/08/08
【中国共産党中央委員会政治局:経済状況と経済活動を分析・研究するための会議を開催】2022/08/08
【新会員をご紹介します】ワタナベフーマック株式会社2022/08/08
【商務部発表情報】2022/08/03
【ご報告】当機構事務局長岡豊樹の富山県日中友好協会主催講演会の内容が「日本と中国」新聞に掲載されました(2022/7/31)2022/08/03
【サービスアウトソーシング産業の新卒者の雇用誘致に関する積極的な取り組みに関する通知】2022/08/02
【ご報告】当機構の佐藤会長が「第二回中日産業イノベーション発展交流大会」にビデオ登壇いたしました。2022/08/02
【中国は世界一位の製造業大国としての地位を維持】2022/07/29
【北京だより】7月28日号2022/07/28
『第2回:中国企業の対米直接投資動向』2022/07/28
【ご案内】2022年度上期「駐日代表処の集い」オンライン視聴のご案内2022/07/26
【李克強首相 国務院常務会議を主宰】2022/07/26
【多国籍企業の人民元・外貨一体化資金プール試験措置の拡大】2022/07/26
12345678910...