【北京だより】7月14日号 

7 14 2022

今週、北京は最高気温がずっと36度前後で、猛暑が続いています。公園や市内の川では蓮の花が満開を迎えてきました。下図は北京市内の亮馬河川邊で撮影した写真です。亮馬河は600年以上の歴史があり、全長は9.3キロ、西は東直門外小街から、北東に酒仙橋を流れ、垻河に入り、朝陽区運河文化の重要な構成部分でもあります。

 

地下鉄の出口やオフィスビルの周辺で蓮の花や葉っぱ、蓮の実を販売する三輪車もよく見かけるようになりました。下図は地下鉄建国門駅で撮影した写真で、今年の蓮の花は綺麗にラッピングされて「アップグレード」しています。一束30元で、バラなどに比べるとはるかに安いので、とても人気が高いようです。蓮の実は一パック20元で、生で食べられます。

 

7月に入り、北京市の市の木の一つである「国槐」(中国原産なので、「国槐」と呼ぶ。黒槐とも言う)が花盛りに入りました。国槐は北京での栽培の歴史が非常に長く、元の時代から今まで、ずっと北京の街路樹の主要な種類です。不完全な統計によると、北京市内には現在50万本以上の「国槐」があります。下図は国貿周辺で撮影した「国槐」の様子です。満開の「国槐」の姿は詩情と絵心があるのですが、清掃労働者の仕事量を増やしています。電気清掃車も終日作業しているようです。




 

また、最近中国国内においては、省の間の移動制限がだいぶ緩和されたおかげで、北京事務所の同僚は甘粛省の蘭州へ出張できました。下図は同僚が撮影した蘭州中川空港の様子です。乗客がかなり増えているようで、チェックイン手続きのカウンターでは並ぶようになっています。搭乗口周辺も過半数の椅子がうまっています。




 

下図は出張の帰りに北京大興空港で撮影した写真です。中国の夏休みの到来と帰京政策の緩和に伴い、大興空港も久しぶりに賑やかな風景になりました。最近の大興空港の入出港旅客数は先週と比べると2倍近く増加しました。因みに、最近北京から飛行機で移動する場合、48時間以内のPCR検査陰性証明書と北京健康宝緑コードが必要です。




 

以上

最新情報
【産業政策】  2022/08/10
『「野尻眼鏡」中国盛衰記④』2022/08/09
第34回中国ビジネス実務セミナー2022/08/09
【協力】日本国際貿易促進協会「日中経済の新動向とグローバルサプライチェーンの再編」シンポジウムの開催ご案内2022/08/09
【オンラインセミナー】第34回中国ビジネス実務セミナー開催のご案内(2022/10/6,7)2022/08/09
【セミナー】SPEEDA 『中国の「今」を知るデジタル経済の成長 スタートアップ・ECビジネストレンド』(2022/8/23)2022/08/09
【セミナー】『東芝が進める、研究開発起点の新規事業開発とは』(2022/8/30)2022/08/09
【国家発展・改革委員会およびその他の部門による入札の厳格な運用強化について】2022/08/08
【中国共産党中央委員会政治局:経済状況と経済活動を分析・研究するための会議を開催】2022/08/08
【新会員をご紹介します】ワタナベフーマック株式会社2022/08/08
【商務部発表情報】2022/08/03
【ご報告】当機構事務局長岡豊樹の富山県日中友好協会主催講演会の内容が「日本と中国」新聞に掲載されました(2022/7/31)2022/08/03
【サービスアウトソーシング産業の新卒者の雇用誘致に関する積極的な取り組みに関する通知】2022/08/02
【ご報告】当機構の佐藤会長が「第二回中日産業イノベーション発展交流大会」にビデオ登壇いたしました。2022/08/02
【中国は世界一位の製造業大国としての地位を維持】2022/07/29
【北京だより】7月28日号2022/07/28
『第2回:中国企業の対米直接投資動向』2022/07/28
【ご案内】2022年度上期「駐日代表処の集い」オンライン視聴のご案内2022/07/26
【李克強首相 国務院常務会議を主宰】2022/07/26
【多国籍企業の人民元・外貨一体化資金プール試験措置の拡大】2022/07/26
12345678910...