【北京だより】1月14日号

1 14 2022

最近、中国の陝西省、河南省、天津市等ではコロナ肺炎が再発しました。特に、天津市においては、オミクロン変異株に感染した児童沢山出ました。北京では、3歳から11歳までの児童へのコロナワクチン接種を強く押し進めているところです。今週は、子供の接種現場の様子等をご紹介します。

我が家の子供は5歳で、12月には所属する幼稚園経由で予約し、自宅付近の接種拠点で第1回目の接種を受けました。子供の場合、3週間後、第2回目の接種ができます。しかし、今度は、自宅付近の接種拠点は対象が大人だけに変わってしまいました。仕方がないので、自宅より少し遠いところに行くことにしました。

今度行くのは「三間房セメント工場」というところで、交通はかなり不便で、タクシーで移動しました。現場では、セメント製品を作っている機械等も見られます。多分、工場の一部を臨時的に接種拠点に変えたのでしょう。

 

接種拠点の周辺では「コロナワクチンを接種し、免疫の長城を構築する」等のスローガンを大きく掲げています。




 

接種拠点の対応時間は8:30~11:30、13:30~17:00となっています。朝一で着いたので中は未だ人が少ないようです。この接種拠点で確認したところ、ここはこの周辺で唯一子供の接種ができる拠点だそうです。勿論、大人の接種もできます。現在、北京市においては大人のワクチン接種は「北京生物」と「科興」(メーカーの名前)のどちらを選んでもいいですが、3~11歳の児童には全部「北京生物」を使います。

 

接種エリアでは、ワクチンのメーカーごとに窓口を分けています。1番の窓口は「科興」で、2番は「北京生物」です。2番で少し並んで接種を受けて、観察エリアに移動しました。




 

ここの観察エリアはかなり広くて、ここで急性的なアレルギー反応があるか否かを見て、問題がなければ30分後帰っていいです。観察の時間に関しては大人も子供も一緒です。

 

子供の場合、北京市共通の「北京市免疫予防接種証」があり、その中にお医者さんが情報を記入し、サインします。これを学校に提示すればOKです。

 

現在、北京市において、未成年に対しては第3回目の接種は未だ実施していませんが、他の省では12歳以上の未成年に対して第3回目の接種を既に実施しているところもあり、多分、これから北京も実施することになるでしょう。

 

以上

 

最新情報
【セミナー】「中国カーボンニュートラル戦略と知財政策を紐解く」(2022/2/18)(主催:SPEEDA China)2022/01/26
【王受文 商務部副部長兼国際貿易交渉副代表 WTOの非公式閣僚会議に出席】2022/01/25
【ご報告】新春中国経済セミナーを開催しました(1/21)2022/01/25
【ご報告】中国大使館経済商務処・宋公使が来訪されました2022/01/24
【政府8部門『第14次5ヶ年計画 スマート製造発展計画の通知』の発布】2022/01/24
【ご報告】株式会社コーポレイトディレクションとの共同企画「第二期チャイナマネジメントスクール」(第3回)を開催しました。(1/20)2022/01/24
【お知らせ】職員の勤務体制について2022/01/21
【北京だより】1月21日号2022/01/21
【その他】2022/01/20
【発改委 記者会見でマクロ経済の状況を説明】2022/01/20
【セミナー・イベント】日中経済貿易センター第 88回専門講演会「中国ビザの現状と最新の渡航情報」のご案内(2022/2/17)2022/01/19
【商務部発表情報】2022/01/18
【王文涛部長 機関紙『求是』へ寄稿】2022/01/18
【WEBパネルディスカッション】「中国における脱炭素、環境政策の動き~日本企業の対応を考える~」(2022/2/24)2022/01/18
【国務院「第14次5ヶ年計画 デジタル経済発展計画の通知」】2022/01/17
【北京だより】1月14日号2022/01/14
【ご報告】オンラインセミナー(第12回)を開催しました2022/01/14
2022年 事務局長 活動報告2022/01/14
【ご報告】日本大学危機管理学部の講義に講師として参加しました2022/01/14
【地域包括的経済連携協定(RCEP) 2022年1月1日正式発効】2022/01/13
12345678910...