『carry-over』

12 24 2021

堀田暁生 先生から旧陸軍真田山墓地の保存に関する資料を頂いた。大阪の上町台地を大阪城から南へ玉造・桃谷の辺りを歩いたときに墓地の一角に立ち寄り、町中のエアポケットのような印象が残った。後日NHK「ファミリーヒストリー」で桂文枝(深夜ラジオ族の頃に馴染んだ桂三枝)の実父、銀行員の河村清三氏は、徴集されるも結核を発症し一人っ子を残して陸軍病院で亡くなったとのこと。その遺骨が何故か真田山墓地に残されていたことが番組取材で判明して、久々の親子の「再会」をしたことを知った。

今回の資料に接することで、1871年に設けられた旧陸軍真田山墓地について、西南戦争前の「生兵」(徴兵され訓練中の兵)から清国・ドイツの俘虜も含めて1945年までの戦争の歴史が凝縮された場所であることを知った。戦時下でない兵舎で若い命を失った「生兵」や病死した兵のように、戦死者以外の人たちも葬られている。画像資料のなかには墓地参拝を続けている府立清水谷女学校の大正と昭和の女学生の写真が眼を惹く。和装の女学生がゆったりしたスペースでお参りをしていた大正時代、憧れの清水谷ブルーチーフのセーラー服が、隙間なく並ぶ墓石の間にぎっしりと並んだ昭和初期の写真、わずか十数年と想像される時間の変化を如実に物語って余りある。

大手前、清水谷と並ぶ大阪市内の府立夕陽丘女学校の卒業生である赤松良子さんが12月1日から日経「私の履歴書」を連載中。毎月の執筆者のパターンは、ほぼ似ていて、親や家の話から始まり、幼児期、学齢期、社会人としての苦闘期、そして成功の道筋が始まる後半生、引退して家族の話を済ませたら月末という流れで、これまで読んできた500人余りの中で作家の安岡章太郎だけが時系列編年体を排していたと記憶する。歳を拾うと苦労話には共感を寄せても、他人の成功談や恋愛成就の話には「ああ、そうですか」という感じがして、毎月15日以降は読み飛ばすことが多い。しかし、戦時下から戦後の夕陽丘女学校で英語学習を渇望し、津田塾で英語を学ぶのだという執念を実らせ、その後の東京大学・労働省への進路は女性にとって「狭き門」どころか、当時の労働省婦人少年局以外の政府機関には「門」さえも無かった時代らしい。労働省官僚から国連公使となり男女均等法への道筋造りに悪戦苦闘したことを連日書かれている。
赤松良子さんのIQはとても高いだろう、EQも優れているだろう、それ以上にWQが人並み外れたレベルだったことが半生記を読んで伝わる。(Will Quotientは商社の管理職になった頃に、自分勝手に定義した造語)
今回は月末まで熱心な読者となる予感がする。ここまでたまに見え隠れする夫君とご長男についてどのような内容をどのように綴られるか?或いは軽く触れる程度にされるか興味深く見守っている。

日経新聞といえば、日曜版に吉田博/ふじを夫妻の画業について新たな視角から切り取った連載があった、上海史研究会では、金子光晴/森美千代夫妻の研究報告を聞かせてもらった。二組の男女に共通するのは鬼(夫/男)の居ぬ間の女性の才能の開花であった。戦後、吉田博を見送ったあとの抽象画『赤い花』『黄色い花』は実にのびやかで、セクシャルでもあり、どこかジョージア・オキーフの作品を思い起こす。金子光晴夫妻の上海、仏印、パリなどへの流れ旅の回想録は高度成長期になって『どくろ杯』などに結実する。だが、実際は森美千代の記述や記憶に依るところが多くあるという見解に至った研究者 趙怡さん。自らの語りかけによって、説得力が増し、著書『二人旅 上海からパリへ―金子光晴・森三千代の海外体験と異郷文学』にも興味が湧いた。

茨木千提寺キリシタン遺物に続いて、戦国河内キリシタンの本拠が四條畷の飯盛(山)城周辺にあり、四條畷高校時代に通ったバス停の地名がキリシタン遺跡に繋がる事に驚いた。また茨木の福井村は日本最大の罌粟の産地であった事を記す資料に再度触れた。50年前に南茨木駅工事で発見された東奈良弥生遺跡の記念講演で「弥生人は右利きであった」と言う深沢芳樹さんの話は楽しかった。事ほど左様に身近に好奇心を刺激する材料が多く、来年に積み残しとなります。

米中韓が基軸である太平洋航路のコンテナ輸送での積み残しは、貨物だけでなく日本の存在そのものが積み残しにならないように祈る毎日です。

ご参考:真田山陸軍墓地の歴史〔簡略版)

(井上邦久 2021年12月)


 

最新情報
【セミナー】「中国カーボンニュートラル戦略と知財政策を紐解く」(2022/2/18)(主催:SPEEDA China)2022/01/26
【王受文 商務部副部長兼国際貿易交渉副代表 WTOの非公式閣僚会議に出席】2022/01/25
【ご報告】新春中国経済セミナーを開催しました(1/21)2022/01/25
【ご報告】中国大使館経済商務処・宋公使が来訪されました2022/01/24
【政府8部門『第14次5ヶ年計画 スマート製造発展計画の通知』の発布】2022/01/24
【ご報告】株式会社コーポレイトディレクションとの共同企画「第二期チャイナマネジメントスクール」(第3回)を開催しました。(1/20)2022/01/24
【お知らせ】職員の勤務体制について2022/01/21
【北京だより】1月21日号2022/01/21
【その他】2022/01/20
【発改委 記者会見でマクロ経済の状況を説明】2022/01/20
【セミナー・イベント】日中経済貿易センター第 88回専門講演会「中国ビザの現状と最新の渡航情報」のご案内(2022/2/17)2022/01/19
【商務部発表情報】2022/01/18
【王文涛部長 機関紙『求是』へ寄稿】2022/01/18
【WEBパネルディスカッション】「中国における脱炭素、環境政策の動き~日本企業の対応を考える~」(2022/2/24)2022/01/18
【国務院「第14次5ヶ年計画 デジタル経済発展計画の通知」】2022/01/17
【北京だより】1月14日号2022/01/14
【ご報告】オンラインセミナー(第12回)を開催しました2022/01/14
2022年 事務局長 活動報告2022/01/14
【ご報告】日本大学危機管理学部の講義に講師として参加しました2022/01/14
【地域包括的経済連携協定(RCEP) 2022年1月1日正式発効】2022/01/13
12345678910...