【北京だより】11月26日号

11 26 2021

最近、建国門近くの史家胡同に行く機会がありました。今週は史家胡同周辺の様子をご紹介します。

史家胡同は北京市内の東城区に位置し、東側は「朝陽門内南小街」から、西側は「東四南大街」まで、全長は約700メートルです。下図は「朝陽門内南小街」の様子です。小さい飲食店等がたくさんあり、また、北京市郊外においても珍しい「五金商店」(内装工事用の金属製品、パイプ等を販売する小さな雑貨屋)が数軒並んでいて、ビックリしました。

 

史家胡同は700年以上の歴史があり、元代の劉秉忠がデザインした「元大都図」にこの胡同は既に存在しているそうです。明代から「史家胡同」と名付けて、現在までずっと続いてきました。下図は「朝陽門内南小街」から「史家胡同」に入るところの様子です。

 

現在、この胡同には四合院が80軒保存され、その内、比較的に大きく完全に保存されているのは30軒あります。胡同の建物全体は赤い門とグレーのレンガを使い、古い北京の雰囲気が漂っています。各四合院はそれぞれの歴史があり、明代の史可法、清代の李蓮英、洪鈞、近代では鄧頴超、華国鋒、徐向前、傅作義、栄毅仁、凌叔華、章士釗等、たくさんの有名人がこの胡同で住んでいたそうです。




 

高級な四合院のほかに、史家胡同には一般的な庶民も沢山住んでいます。入り口の屋根が低く、中に入ってまた幾つかのドアがあり、複数の家庭がここで生活しているようです。このような建物は普通、「大雑院」と呼ばれています。

 

史家胡同の中には、商業施設が少なく、静かな感じです。下図はあるバーの様子です。昼間でお客さんは少ないようです。

 

史家胡同と繋がっている「東羅園胡同」及び隣の「乾面胡同」の様子です。この二つの胡同は非常に狭くて、車は通過できないです。自転車に乗っている人は音を出しながら、他の人とぶつからないようにゆっくり走っている感じです。




 

史家胡同の反対側は東四南大街で、静かで歴史感のある胡同からいきなり現代世界に戻り、少し違和感がありました。




以上

最新情報
【その他】2021/12/09
【習近平国家主席は共産党中央委員会政治局の第35回集団学習にて演説を行った】2021/12/09
【セミナー】第33回拡大中国ビジネス実務セミナー(2022/2/3,4,9,10)2021/12/09
【セミナー】『新春中国経済セミナー』(2022/1/21)のご案内2021/12/09
【習近平総書記が議長を務め、中国共産党中央委員会政治局は2022年の経済作業を分析・検討する会議を開催】2021/12/08
【『十四五』工業グリーン開発、グリーン製造レベルの全面的な引き上げに関する提案】2021/12/07
『眼鏡の暗黙知考』2021/12/07
【産業政策】2021/12/07
【『「十四五」情報化と工業化の深い融合発展計画』の解説】2021/12/07
【イベント】「遼寧省水産業ビジネスマッチング会」開催のご案内2021/12/07
【商務部発表情報】2021/12/03
【中国・アフリカ協力フォーラムの第8回閣僚会議に習近平主席がオンライン参加、王文涛商務部部長が出席】2021/12/03
【北京だより】12月3日号2021/12/03
『2021年中国外資政策セミナー』開催のご案内(速報版)2021/12/02
【商務部「第14次5ヶ年計画 対外貿易の質の高い発展計画」に関する通知】2021/12/02
【ご報告】福井銀行の2021年グローバルビジネスソリューション研修会に講師として参加しました2021/12/02
【1-10月の輸出入総額は4兆8900億ドルで、昨年年間額を超え、過去最高を更新】2021/12/01
『小春おばさん』2021/11/30
【再生可能エネルギーの発電容量について】2021/11/30
【ご報告】「Webパネルディスカッション」を開催2021/11/30
12345678910...