【2021年第3四半期までの個人収入と消費の状況】

10 20 2021

(2021年10月18日 中央人民政府HPより)


・個人収入状況:今年度第3四半期までの1人当たり可処分所得は26,265元で、前年同期比で名目増加率10.4%、価格要因を差引いた後の実質増加率は9.7%。

都市部住民の1人当たり可処分所得は35,946元で、名目増加率は9.5%、実質増加率は8.7%。農村部住民の1人当たり可処分所得は13,726元で、名目増加率は11.6%、実質増加率は11.2%だった。
その収入源を見ると、賃金収入が10.6%増の14,917元で、可処分所得の56.8%を占めた。
・個人消費状況:1人当たりの消費支出は17,275元で、前年同期比名目増加率15.8%、価格要因を差引いた後の実質増加率は15.1%。
都市部住民の1人当たり消費支出は21,981元で、名目増加率は14.2%、実質増加率は13.4%。農村部住民の1人当たり消費支出は11,179元で、名目増加率は18.6%、実質増加率は18.1%だった。
消費の内訳は、食品、タバコ、アルコールの1人当たり消費支出は5,144元で13.2%増加し、消費支出全体の29.8%、衣類の1人当たり消費支出は1,002元で18.2%増加し、消費支出全体の5.8%、1人当たりの住宅消費支出は4,031元で7.9%増加し、消費支出全体の23.3%を占めた。また1人当たりの教育、文化および娯楽消費支出は1,867元で46.3%増加し、1人当たり消費額の10.8%を占めた。

最新情報
【その他】2021/12/09
【習近平国家主席は共産党中央委員会政治局の第35回集団学習にて演説を行った】2021/12/09
【セミナー】第33回拡大中国ビジネス実務セミナー(2022/2/3,4,9,10)2021/12/09
【セミナー】『新春中国経済セミナー』(2022/1/21)のご案内2021/12/09
【習近平総書記が議長を務め、中国共産党中央委員会政治局は2022年の経済作業を分析・検討する会議を開催】2021/12/08
【『十四五』工業グリーン開発、グリーン製造レベルの全面的な引き上げに関する提案】2021/12/07
『眼鏡の暗黙知考』2021/12/07
【産業政策】2021/12/07
【『「十四五」情報化と工業化の深い融合発展計画』の解説】2021/12/07
【イベント】「遼寧省水産業ビジネスマッチング会」開催のご案内2021/12/07
【商務部発表情報】2021/12/03
【中国・アフリカ協力フォーラムの第8回閣僚会議に習近平主席がオンライン参加、王文涛商務部部長が出席】2021/12/03
【北京だより】12月3日号2021/12/03
『2021年中国外資政策セミナー』開催のご案内(速報版)2021/12/02
【商務部「第14次5ヶ年計画 対外貿易の質の高い発展計画」に関する通知】2021/12/02
【ご報告】福井銀行の2021年グローバルビジネスソリューション研修会に講師として参加しました2021/12/02
【1-10月の輸出入総額は4兆8900億ドルで、昨年年間額を超え、過去最高を更新】2021/12/01
『小春おばさん』2021/11/30
【再生可能エネルギーの発電容量について】2021/11/30
【ご報告】「Webパネルディスカッション」を開催2021/11/30
12345678910...