【北京だより】9月30日号

9 30 2021

最近、北京はすっかり秋になり、気温は16~27度で一年間において一番良い季節を迎えました。今週は北京の交通や自由市場、スーパー等の生活情報をご紹介します。

北京事務所付近の「日壇路」バス停の様子です。国慶節連休の直前で、道路も地下鉄もいつもより混んでいる感じです。美団APPの統計によると、北京は今年、ユニバーサル北京リゾードの開業等の影響を受けて、観光目的地として非常に人気で、観光客数は成都に次ぎ全国2位になる見込みだそうです。


連休期間中の消費増加に備え、各スーパーは商品を沢山準備しています。野菜等の値段はほぼ横ばいで、500グラムで、レタスは3.98元、ピーマン3.99元、キノコ6元、モヤシ2.48元、インゲン豆7元、冬瓜1.99元、トマト2.99元となっています。また、豚肉は500グラムで15元~18元前後(昨年同期は25~30元/500グラム)まで大幅に下がってきました。





北京の伝統的なお菓子屋である「稲香村」のコーナーの様子です。親戚や友達のお見舞いに、皆よくここでお菓子を買うし、また、地方から来た観光客のお土産にもなるし、「稲香村」もお菓子の種類と量を増やしたようです。


北京市東城区にある「龍潭早市」(自由市場、朝6:00~12:00営業)の様子です。今はブドウの季節であり、龍潭早市ではブドウの種類が沢山あり、値段はスーパーより安くて人気が高いです。500グラムで5元から30元まで、選択の範囲も広いです。


また、例えば浙江の禁漁期間(5/1~9/15)が明けた時期のため、魚等の海産物の価格は大分下がりました。一般の家庭でよく食べる普通の太刀魚は500グラムで約15~25元で、新鮮で美味しい時期に入っています。この自由市場においては、中国浙江省舟山市産の「舟山帯魚」(太刀魚)が人気が高いようです。


また、北京市通州区にできたユニバーサル北京リゾードが9月20日に正式にオープンしました。多くの観光客を迎えるため、オープン前の8月末で地下鉄1号線と八通線が直通となりました。「四恵」と「四恵東」駅での乗り換えが要らなくなり便利になりましたが、乗客数が以前より増えて、さらに混むようになってしまいました。下図は朝、出勤時の「双橋駅」の様子です。


 

以上

 

 

最新情報
【北京だより】10月15日号2021/10/15
【2021年のG20貿易・投資大臣会合における成果】2021/10/15
【バイデン政権の貿易戦略は中国政府の行動を変えさせることはできない】2021/10/14
【産業政策】2021/10/14
【国家発展改革委員会 『石炭火力発電による電力価格の市場化改革の深化に関する通知』を発表】2021/10/14
【王文涛部長:WTO第12回閣僚級会議の成功を支持】2021/10/14
【商務部発表情報】2021/10/13
【米中関係】2021/10/12
【第130回中国輸出入商品交易会(広州交易会)のご案内(10月15日~19日)】2021/10/12
【ご報告】第32回中国ビジネス実務セミナーを開催しました2021/10/12
【その他】2021/10/12
【ネットワークセキュリティの構築について】2021/10/12
【商務部、1月~8月のサービス貿易発展状況を発表】2021/10/11
【中国銀行保険監督管理委員会『石炭・電力産業の正常な生産,商品市場の秩序ある流通及び経済の円滑運営の確保に関する通知』を公布】2021/10/08
【現代文化研究所レポート】2021/10/08
『中国各地の停電は、急進的な新エネ車普及に警鐘を鳴らす』2021/10/08
【日中不易流行】2021/10/08
『眼鏡の聖地鯖江に巨大黒船来航』2021/10/08
【セミナー】「中国知財の過去と将来~日本企業が今すべきこと~」(2021/10/28)2021/10/08
【王受文副部長が第15回国連貿易開発会議にオンラインで参加し、発言を行った】2021/10/07
12345678910...