【調査結果が示す 米国企業は中国での事業状況について楽観的な見方を回復】

9 29 2021

(2021年9月23日 VOA china HP)

・9月23日(木)に公表された年度調査報告によると、米国企業は北京の新型コロナウイルス政策に対する態度を保留しているものの、中国での事業状況についての楽観的な見方は回復してきており、3年ぶりの高水準になった。
・コンサル会社PwC中国と調査を行った上海米国商会は、楽観的な見方が回復した要因は、収益の増加と新型コロナウイルス流行に対する懸念が弱まったことにあるとしている。
・上海米国商会のカー・ギブス会長は「中国での事業は昨年のロックダウンから急速に回復している」と述べているが、調査報告書は「パンデミックの影響は依然として感じており、中国の渡航制限によるマイナスの影響を引き続き受けている。全体的な業績は良好であるが、緊迫の兆候もある」と報告している。
・インタビューを受けた338社の内78%が、2021年から5年間の事業見通しについて「楽観的又は、やや楽観的」と回答しており、2020年に比べ20ポイント伸び、2018年の水準に戻っている。


(記事原文)
https://www.voachinese.com/a/u-s-business-optimism-in-china-rebounds-to-pre-trade-war-levels--survey/6242560.html


最新情報
【協力】陝西省商務庁_「陝西省―京津冀先進製造外資企業協力交流会及びプロジェクト契約会」開催のご案内2022/05/19
【企業個別勉強会】2022/05/19
【協力】中国税務セミナー『新情勢における企業納税計画』開催のご案内2022/05/19
【オンラインセミナー】「日本の経済安全保障政策と対中事業のあり方 / 講師:園田 庸 氏(外務省)」(2022/6/7)2022/05/17
【その他】2022/05/17
【中国の経済成長を長期に亘って支えるイノベーション】2022/05/17
『往事如煙:テレビとの出会い』2022/05/17
【商務部発表情報】2022/05/17
【1-4月の外資による対中直接投資実行額は急速に増加】2022/05/17
【商務部他14部門は国内外貿易の統合的発展を促進するパイロットプログラムの開始を通知】2022/05/16
【経済発展に対する消費の基本的な役割をよりよく発揮させる】2022/05/13
【北京だより】5月13日号2022/05/13
【ご報告】第1回オンラインセミナー(講師:株式会社国際協力銀行/栗原様)を開催しました2022/05/12
【協力】「長安共此時」——2022年西安市と大手日系企業との合作交流会2022/05/11
【財政・金融関連】2022/05/10
【李克強首相、安定した雇用を確保するためのさらなる救済措置を発表】2022/05/10
【セミナー】上海市外国投資促進中心・華鐘コンサルタントグループ 第32回春季中国セミナー(オンラインセミナー)当面の中国経済情況と日系企業事例報告(2022/5/27)2022/05/10
【ご報告】2021年度下期調査活動報告会(Zoom/Teams)を開催しました(4/27)2022/05/02
【セミナー】第4回地方銀行共催セミナー (2022/05/19)2022/04/28
【ご報告】中華人民共和国駐日本国大使館孔鉉佑特命全権大使とのオンライン交流会を開催しました2022/04/28
12345678910...