【調査結果が示す 米国企業は中国での事業状況について楽観的な見方を回復】

9 29 2021

(2021年9月23日 VOA china HP)

・9月23日(木)に公表された年度調査報告によると、米国企業は北京の新型コロナウイルス政策に対する態度を保留しているものの、中国での事業状況についての楽観的な見方は回復してきており、3年ぶりの高水準になった。
・コンサル会社PwC中国と調査を行った上海米国商会は、楽観的な見方が回復した要因は、収益の増加と新型コロナウイルス流行に対する懸念が弱まったことにあるとしている。
・上海米国商会のカー・ギブス会長は「中国での事業は昨年のロックダウンから急速に回復している」と述べているが、調査報告書は「パンデミックの影響は依然として感じており、中国の渡航制限によるマイナスの影響を引き続き受けている。全体的な業績は良好であるが、緊迫の兆候もある」と報告している。
・インタビューを受けた338社の内78%が、2021年から5年間の事業見通しについて「楽観的又は、やや楽観的」と回答しており、2020年に比べ20ポイント伸び、2018年の水準に戻っている。


(記事原文)
https://www.voachinese.com/a/u-s-business-optimism-in-china-rebounds-to-pre-trade-war-levels--survey/6242560.html


最新情報
【その他】2021/12/09
【習近平国家主席は共産党中央委員会政治局の第35回集団学習にて演説を行った】2021/12/09
【セミナー】第33回拡大中国ビジネス実務セミナー(2022/2/3,4,9,10)2021/12/09
【セミナー】『新春中国経済セミナー』(2022/1/21)のご案内2021/12/09
【習近平総書記が議長を務め、中国共産党中央委員会政治局は2022年の経済作業を分析・検討する会議を開催】2021/12/08
【『十四五』工業グリーン開発、グリーン製造レベルの全面的な引き上げに関する提案】2021/12/07
『眼鏡の暗黙知考』2021/12/07
【産業政策】2021/12/07
【『「十四五」情報化と工業化の深い融合発展計画』の解説】2021/12/07
【イベント】「遼寧省水産業ビジネスマッチング会」開催のご案内2021/12/07
【商務部発表情報】2021/12/03
【中国・アフリカ協力フォーラムの第8回閣僚会議に習近平主席がオンライン参加、王文涛商務部部長が出席】2021/12/03
【北京だより】12月3日号2021/12/03
『2021年中国外資政策セミナー』開催のご案内(速報版)2021/12/02
【商務部「第14次5ヶ年計画 対外貿易の質の高い発展計画」に関する通知】2021/12/02
【ご報告】福井銀行の2021年グローバルビジネスソリューション研修会に講師として参加しました2021/12/02
【1-10月の輸出入総額は4兆8900億ドルで、昨年年間額を超え、過去最高を更新】2021/12/01
『小春おばさん』2021/11/30
【再生可能エネルギーの発電容量について】2021/11/30
【ご報告】「Webパネルディスカッション」を開催2021/11/30
12345678910...