【国家税務総局:環境保護税の年間収入が約200億元で安定、企業の基準超えの排出率は持続的に低下】

8 30 2021

2021826日 国家税務総局HPより)


・中央放送局経済の声「天下財経」によると、
25日は全国の低炭素デーで、グリーン税制は低炭素の環境保護、「双炭」(2030年までに二酸化炭素排出量をピークアウトさせ、2060年までにカーボンニュートラルを実現できるよう努力する)の目標を実現する重要な支えとなっている。
・国家税務総局は今回、中国の環境保護税の三年分の徴収データを公表。
・全体的に見ると、税制の運行はスムーズで、税収収入は全体的に安定しており、画一的な法執行は強化され、グリーン効果は次第に現れている。
・国家税務総局のデータによると、2018年、2019年、2020年の環境保護税はそれぞれ205.6億元、213.2億元、199.9億元、合計収入は618.7億元であり、この3年間で、納税者の世帯数は26.7万世帯から46.2万世帯に上昇。
・国家税務総局の財産・行動税司司長は「環境保護税収入は毎年200億元程で安定し、基準を超えて排出される企業は減少しており、2018年の基準を超えた排出率は11.3%で、昨年、2020年にはすでに9.7%まで減少している。」と分析。
・国家税務総局によると、税務部門は積極的に関連部門の研究と協力して、より整ったグリーン税制を構築し、二酸化炭素排出量のピークアウトとカーボンニュートラルの目標の実現をより支援していく。 

(記事原文)
http://www.chinatax.gov.cn/chinatax/n810219/n810780/c5168405/content.html

最新情報
【北京だより】10月15日号2021/10/15
【2021年のG20貿易・投資大臣会合における成果】2021/10/15
【バイデン政権の貿易戦略は中国政府の行動を変えさせることはできない】2021/10/14
【産業政策】2021/10/14
【国家発展改革委員会 『石炭火力発電による電力価格の市場化改革の深化に関する通知』を発表】2021/10/14
【王文涛部長:WTO第12回閣僚級会議の成功を支持】2021/10/14
【商務部発表情報】2021/10/13
【米中関係】2021/10/12
【第130回中国輸出入商品交易会(広州交易会)のご案内(10月15日~19日)】2021/10/12
【ご報告】第32回中国ビジネス実務セミナーを開催しました2021/10/12
【その他】2021/10/12
【ネットワークセキュリティの構築について】2021/10/12
【商務部、1月~8月のサービス貿易発展状況を発表】2021/10/11
【中国銀行保険監督管理委員会『石炭・電力産業の正常な生産,商品市場の秩序ある流通及び経済の円滑運営の確保に関する通知』を公布】2021/10/08
【現代文化研究所レポート】2021/10/08
『中国各地の停電は、急進的な新エネ車普及に警鐘を鳴らす』2021/10/08
【日中不易流行】2021/10/08
『眼鏡の聖地鯖江に巨大黒船来航』2021/10/08
【セミナー】「中国知財の過去と将来~日本企業が今すべきこと~」(2021/10/28)2021/10/08
【王受文副部長が第15回国連貿易開発会議にオンラインで参加し、発言を行った】2021/10/07
12345678910...