「バイデン大統領の対中ロジック」 

5 18 2021

ジョージ・ワシントン大学ガストン・シグール・アジアセンターのDavid Shambaugh教授は次のように述べている。
バイデン政権は戦略も重点も(特に、価値観や同盟について)トランプ政権とは違うものの、両政権の間には非常に大きな一貫性があることもはっきりしている。バイデン政権の外交政策は明らかに民主主義の価値観と同盟の二つがキーポイントであり、特にバイデン大統領自身は価値観や主義主張を核心に据えた外交を重視していると伺える。ある調査では、アメリカ人の9割が中国を競争相手または「敵」とみなしており、協力パートナーとは見ていないとし、米議会では対中問題について超党派で一致している。最近制定された「2021年の戦略的競争法」は、徹頭徹尾中国との国内外での競争と関係し、対中関連の法律を整える動きが進んでいる。これらはバイデン大統領の方針に沿っている動きであるものの、法律による細かい指定は一方でバイデン政権の行政において足枷になる可能性もある。

 

原文:http://cn.chinausfocus.com/foreign-policy/20210508/42271.html

最新情報
【オンラインセミナー】「日本の経済安全保障政策と対中事業のあり方 / 講師:園田 庸 氏(外務省)」(2022/6/7)2022/05/17
【その他】2022/05/17
【中国の経済成長を長期に亘って支えるイノベーション】2022/05/17
『往事如煙:テレビとの出会い』2022/05/17
【商務部発表情報】2022/05/17
【1-4月の外資による対中直接投資実行額は急速に増加】2022/05/17
【商務部他14部門は国内外貿易の統合的発展を促進するパイロットプログラムの開始を通知】2022/05/16
【経済発展に対する消費の基本的な役割をよりよく発揮させる】2022/05/13
【北京だより】5月13日号2022/05/13
【ご報告】第1回オンラインセミナー(講師:株式会社国際協力銀行/栗原様)を開催しました2022/05/12
【協力】「長安共此時」——2022年西安市と大手日系企業との合作交流会2022/05/11
【財政・金融関連】2022/05/10
【李克強首相、安定した雇用を確保するためのさらなる救済措置を発表】2022/05/10
【セミナー】上海市外国投資促進中心・華鐘コンサルタントグループ 第32回春季中国セミナー(オンラインセミナー)当面の中国経済情況と日系企業事例報告(2022/5/27)2022/05/10
【ご報告】2021年度下期調査活動報告会(Zoom/Teams)を開催しました(4/27)2022/05/02
【セミナー】第4回地方銀行共催セミナー (2022/05/19)2022/04/28
【ご報告】中華人民共和国駐日本国大使館孔鉉佑特命全権大使とのオンライン交流会を開催しました2022/04/28
【北京だより】4月28日号2022/04/28
【ご報告】大阪商工会議所主催「中国時事セミナー」で講演しました(4/27)2022/04/28
【協力】「中国蘇州・日本九州経済協力セミナー及び中日(蘇州)地方発展協力モデル区説明会」開催のご案内2022/04/23
12345678910...