【北京だより】3月19日号

3 19 2021

今週月曜日(15日)、北京市は過去10年間において最大の「沙塵暴」(黄砂と強風)に遭遇しました。今週は「沙塵暴」の様子等をご紹介いたします。 

天気予報によると、今回の「沙塵暴」はモンゴル国南部から発生し、15日の午前3時ごろ北京市に到達したそうです。下図は朝8時ごろの建国門付近の様子です。空が暗くて赤黄色になっています。

 

また、月曜日は風も強くて、平均風力は4級で最大風力は7~8級にもなりました。人々は眼だけを露出するようにして全身を防護していました。


 

テレビや携帯等を通じて、市民に「沙塵暴」に関しての情報や注意事項などが随時送信されています。市内の大気も悪化し、PM10やPM2.5はかなりひどくなって、大気も泥臭く、学校等では室外での活動が全部中止され、幼児や老人等は外出しないように政府は呼び掛けていました。

 

今回の「沙塵暴」は午前中でピークを迎え、遠くまで見えなくなりました。下図は黄砂の中のCCTVビルの様子です。

 

午後になり、風は依然強いものの、黄砂及び大気は少し好転したようです。下図は午後17時前後、長富宮弁公楼外の道の様子です。自転車は風で沢山倒れていました。

 

月曜日の夜、強風が吹き続いたおかげで、翌日の朝、黄砂は消えてしまい、空気も環境もほぼ元に戻りました。下図は「沙塵暴」翌日(16日)の長安街近くの様子です。

 

「沙塵暴」が北京に再び来ないように祈っております。

 

以上

最新情報
【産業政策】2021/04/08
【『上海浦東新区の関連する革新措置および経験や手法を手本とし普及させることに関する通知』発布】2021/04/08
【セミナー】「中・米・日の経済安全保障法制の動向と日中間の投資」(2021/4/27)2021/04/08
【その他】2021/04/07
【王毅外相と茂木外相が電話会談】2021/04/07
【ご報告】成都ハイテク産業開発区東京代表処準備室・梁代表が来訪されました2021/04/07
【『新型消費の育成を加速する実施案』に関する解説・図解について】2021/04/06
【財政部、国家発展改革委員会等による集積回路産業とソフトウェア産業の発展支援に関する輸入税収政策管理弁法に関する通知】2021/04/05
【ご案内】2020年度下期調査活動報告会のご案内2021/04/05
【中国の再生可能エネルギーの利用開発規模は世界第一位を安定的に占める】2021/04/02
【北京だより】4月2日号2021/04/02
【工業・情報化部の「二千兆」ダブルギガネットワーク共同発展行動計画(2021-2023年)発布に関する通知】2021/04/01
【マクロ経済】2021/03/31
【2021年1-2月 工業企業の利益が前年同期比1.79倍に増加】2021/03/31
【ご報告】特別セミナー(第13回)を開催しました2021/03/31
【外資政策】2021/03/30
【国務院『政府活動報告書』の具体化について】2021/03/30
【協力】商務部主催「第12回中国中部投資貿易博覧会」における外商投資企業座談会への参加企業募集について2021/03/30
【新会員をご紹介します】株式会社マーキュリアインベストメント2021/03/30
【情報化手段を用いて国家標準の外国語版の制定を加速する】2021/03/29
12345678910...