【中国語 正式に国連世界観光機関の公用語となる】

2 24 2021

「中国語 正式に国連世界観光機関の公用語となる」
(2021年2月20日 文化・旅游部HPより)


中国語が2021年1月25日より国連世界観光機関の公用語となったことが国連世界観光機関とスペイン政府より正式に通知された
・国連世界観光機関は現在159の国と地域が加盟国しており、スペインマドリードに本部を置く世界的に最も影響力を持つ政府間の国際観光組織である。中国は1983年より加盟している。
2007年の総会にて中国側から中国語を公用語とする提案を行い、『世界観光機関定款』中の「本組織の公用語はアラビア語、中国語、英語、フランス語、ロシア語、スペイン語とする」という修正案が採択された。
・修正には加盟国や地域の3分の2以上の批准が必要なため、中国側はそのために多くの活動を行ってきた。
・言語は人類の概念や思想を表現する手段であり、文化の重要な媒体である。中国語が国連世界観光機関の公用語となったことは、我が国の文化のソフトパワーを高め、社会主義文化強国建設の目標を推進し、人類の運命共同体構築推進実現への貢献に利するものである。



(記事原文) ※以下どちらも同じ記事ですが文化・旅游部HPにはニュース映像が貼りついていて音が出ます。

http://www.gov.cn/xinwen/2021-02/21/content_5588018.htm (中央人民政府HP)

https://www.mct.gov.cn/whzx/whyw/202102/t20210220_921699.htm(文化・旅游部HP)

最新情報
【産業政策】2021/04/08
【『上海浦東新区の関連する革新措置および経験や手法を手本とし普及させることに関する通知』発布】2021/04/08
【セミナー】「中・米・日の経済安全保障法制の動向と日中間の投資」(2021/4/27)2021/04/08
【その他】2021/04/07
【王毅外相と茂木外相が電話会談】2021/04/07
【ご報告】成都ハイテク産業開発区東京代表処準備室・梁代表が来訪されました2021/04/07
【『新型消費の育成を加速する実施案』に関する解説・図解について】2021/04/06
【財政部、国家発展改革委員会等による集積回路産業とソフトウェア産業の発展支援に関する輸入税収政策管理弁法に関する通知】2021/04/05
【ご案内】2020年度下期調査活動報告会のご案内2021/04/05
【中国の再生可能エネルギーの利用開発規模は世界第一位を安定的に占める】2021/04/02
【北京だより】4月2日号2021/04/02
【工業・情報化部の「二千兆」ダブルギガネットワーク共同発展行動計画(2021-2023年)発布に関する通知】2021/04/01
【マクロ経済】2021/03/31
【2021年1-2月 工業企業の利益が前年同期比1.79倍に増加】2021/03/31
【ご報告】特別セミナー(第13回)を開催しました2021/03/31
【外資政策】2021/03/30
【国務院『政府活動報告書』の具体化について】2021/03/30
【協力】商務部主催「第12回中国中部投資貿易博覧会」における外商投資企業座談会への参加企業募集について2021/03/30
【新会員をご紹介します】株式会社マーキュリアインベストメント2021/03/30
【情報化手段を用いて国家標準の外国語版の制定を加速する】2021/03/29
12345678910...