【北京冬季オリンピックに向けた税務局の動き】

2 16 2021

「北京冬季オリンピックに向けた税務局の動き」
(2021年2月9日 国家税務総署HPより)


ー― 本記事は中国税務新聞からの転載
2022年北京冬季オリンピックに向けた税務局の動きや体制について現地の経営者などにヒヤリングした内容を元に構成


・ある北京の経営者は「税における優待や税務部門の常時的なサポートのおかげでビジネスがうまくいっている。」と話していた。
・冬季オリンピックの税務サービス向上に向け、北京と河北が『税収協同協創協議書』を締結したおかげで地方経営及び転居を行う冬季オリンピック関連企業へのサービスをより便益化したからである。
・北京市税務局連合北京市税政局と北京税関が『2022年冬季オリンピック・パラリンピック税費政策及び操作工程』を形成し、『2022年冬季オリンピック・パラリンピック減免税統計方案』を制定したおかげで、ある企業のマネージャは「資金的なストレスが減り、プロジェクトも上手く推進できている」とインタビューに答えた。
・2020年12月末まで、北京市税務局は計16のオリンピック関連企業に対し7738.41万元の減税を行い、オリンピック関連施設の建設を支持するとし、河北省の投資家は「2019〜2020年、税務部門のおかげで大幅に減税でき、税務部門の企業発展及び冬季オリンピックに対する努力には感謝している」と謝意を示していた。
・北京冬季オリンピック・パラリンピック準備は重要な時期に突入しており、近日、北京市と河北省の税務局は提携し、オリンピック施設における実地的な調査や、納税サービス及び税収政策に関する事柄で交流を行う予定である。



(記事原文)
http://www.chinatax.gov.cn/chinatax/n810219/n810780/c5161475/content.html

最新情報
【その他】2021/03/08
【李克強総理が政府作業報告書を発表】2021/03/08
【第13回中国人民政治協商会議第4回会議の開会式】2021/03/05
【財政・金融関連】2021/03/05
【金融の力でグリーン成長を牽引】2021/03/05
【北京だより】3月5日号2021/03/05
【ご報告】一般社団法人中華総商会会員向けにオンラインセミナーを開催しました2021/03/05
【李克強首相は全国テレビ電話会議で春の農業生産に関して重要な指示を出した】2021/03/04
【ご案内】今後の当機構セミナー予定2021/03/03
【中国社会科学院 謝伏瞻院長、在中国日本大使館 垂秀夫大使一行と会談】2021/03/03
【外資政策】2021/03/02
【商務部 新たな発展局面のための安定的な外資政策の構築を発布】2021/03/02
【セミナー】「上場企業における中国製造子会社の会計不祥事から学ぶこと」(仮題)(2021/3/19)2021/03/02
【セミナー】(無料ウェビナー)水野コンサルタンシーグループ 株式会社チェイス・ネクスト「中国税務三部作(企業所得税・個人所得税・増値税)出版記念講演会」(2021/3/16)2021/03/02
【セミナー】上海良図商務諮詢有限公司「新型コロナ禍中の中国事業再構築戦略 ~経営陣の現地化、事業統合、売却、撤退のあり方~」(2021/4/14)2021/03/01
【最近の商務部の動き】2月2021/03/01
【国家発展改革委員会は上海市虹橋地区を国際開放ハブエリアとする方案を発表】2021/03/01
【北京だより】2月26日号2021/02/26
【工業情報化部 劉烈宏副部長がMobile World Congress 2021に出席】2021/02/26
【ご報告】桜美林大学雷海涛教授ゼミナールの大学院生向けオンラインセミナーを開催しました2021/02/26
12345678910...