【北京だより】2月5日号

2 05 2021

最近、上海や北京等の大都市では、子供の有名校への入学を目的とする「学区房」は値段が高騰し、人々の注目を浴びています。「学区房」以外の北京不動産市場も値段が小幅に上がっているようです。今週では自宅付近(東5環路外、朝暘区)の不動産の情報をご紹介いたします。

 

先ず一番安い1LDKの事例をご紹介いたします。この部屋は2005年築で、建築面積35平米、18階の高い階層に位置し、北向きです。現在の見積価格は235万元(16円/元として、約3,760万円)です。お客さんが初回購入の場合、頭金は3割以上で、各種税金や仲介会社へのサービス料総額の2.75を含め、頭金は合計93万元ぐらいです。2軒目購入の場合(住宅ローンを借りた経験がある場合、2軒目と認定される)、頭金は6割以上で、155万元ぐらいになります。この1LDKの月の家賃は3,600~3,900元です。


 

住宅ローンの利率に関しては、各地で多少異なり、北京の今月最新の利率によると、初回購入の場合、5.2%で、2軒目購入の場合、5.7%です。また、北京市戸籍或いは北京市工作証を持っている家庭は住宅を最多2軒所有できます。北京市戸籍ではない場合、連続60か月北京で社会保険或いは個人所得税を納付しなければならず、条件を満たす場合、不動産を1軒のみ購入できます。全国で一番厳しい住宅購入制限政策を実施しています。

 

次にご紹介するのは1983年築の古い部屋で、建築面積約73平米の3LDKで、6階立ての2階にあります。エレベーターがないです。この部屋の見積もり価格は333万元(約5,328万円)です。税金とサービス料を入れると総額は355万元ぐらいになります。但し、この部屋は古いので、銀行からローンを借りる場合、期間が短くなります。この部屋の月の家賃は5,000元ぐらいです。


 

最後にご紹介する事例は2009年築の高層マンションの部屋です。この部屋は本来3LDKで現在4つの部屋に区分し貸し出しています。この部屋は14階に位置し、ビルの一番上です。建築面積89平米で、現在の見積もり価格は405万元(約6,480万円)です。税金等を入れれば総額427万元ぐらいになります。月の家賃は約6,000元あまりです。



不動産情報のサイト「安居客」のデータによると、2021年1月、北京市の中古不動産の平均価格は5.77万元/㎡です。2環路以内の中心部では、単価がほぼ10万元を超えています。普通の家庭にとっては不動産の購入はなかなか難しいようです。



以上

 

最新情報
【北京だより】2月26日号2021/02/26
【その他】2021/02/26
【工業情報化部 劉烈宏副部長がMobile World Congress 2021に出席】2021/02/26
【ご報告】桜美林大学雷海涛教授ゼミナールの大学院生向けオンラインセミナーを開催しました2021/02/26
【産業政策】2021/02/25
【国務院によるグリーン低炭素循環型経済システム構築の加速と健全化に関わる指導意見】2021/02/25
【ご報告】第31回中国ビジネス実務セミナーを開催しました2021/02/25
【ご案内】今後の当機構セミナー予定2021/02/24
【ご報告】商務部 王文涛部長より当機構 佐藤会長への書簡2021/02/24
【中国語 正式に国連世界観光機関の公用語となる】2021/02/24
【国家税務総局の増値税領収書のデータによると、春節期間における消費は持続的に活発で飲食サービス業の売上高増加は比較的速かった】2021/02/22
【新会員をご紹介します】 株式会社フライメディア2021/02/22
【2021年の春節休暇での消費市場は安泰であり販売は盛ん】2021/02/19
【貿易通関・外貨管理】2021/02/18
【WTO新事務局長の任命についての商務部世貿司責任者の見解】2021/02/18
【2020年度乗用車企業の平均燃料消費量と新エネルギー自動車ポイント管理に関する事項についての通知】2021/02/17
【税務関連】2021/02/16
【北京冬季オリンピックに向けた税務局の動き】2021/02/16
【マクロ経済】2021/02/15
【2021年1月度の消費者物価指数(CPI)は前年同月比0.3%下落、前月度比では1%上昇】2021/02/15
12345678910...