【商務部 定例記者会見】

1 25 2021

「商務部 定例記者会見」
(2021年1月21日 商務部HPより)


・2020年において対外直接投資額は前年同期比3.3%増加し、9169.7億元(1329.4億ドル)となった。その内、非金融類は0.4%減少し7597.7億元(1101.5億ドル)となった。主な要因として「一帯一路」沿線諸国への投資額の増加や地方(広東、上海、浙江)の対外投資の活発化等が挙げられる。
・2020年は中国のアウトソーシング産業が急速な発展を遂げ、"中国サービス"のブランドが国際的な影響力を増した。その内オフショアのアウトソーシングの実施額が初めて1000憶ドルを突破した。主な要因として、ITアウトソーシング(ITO)とナレッジプロセスアウトソーシング(KPO)の成長や、アメリカ、香港、EUそれぞれでの実施額が大幅に増加したこと、また「一帯一路」沿線国においては前年8.9%増の1360.6億元となった。


(記事原文)
http://www.mofcom.gov.cn/xwfbh/20210121.shtml

最新情報
【最近の商務部の動き】2月2021/03/01
【その他】2021/03/01
【国家発展改革委員会は上海市虹橋地区を国際開放ハブエリアとする方案を発表】2021/03/01
【北京だより】2月26日号2021/02/26
【工業情報化部 劉烈宏副部長がMobile World Congress 2021に出席】2021/02/26
【ご報告】桜美林大学雷海涛教授ゼミナールの大学院生向けオンラインセミナーを開催しました2021/02/26
【産業政策】2021/02/25
【国務院によるグリーン低炭素循環型経済システム構築の加速と健全化に関わる指導意見】2021/02/25
【ご報告】第31回中国ビジネス実務セミナーを開催しました2021/02/25
【ご案内】今後の当機構セミナー予定2021/02/24
【ご報告】商務部 王文涛部長より当機構 佐藤会長への書簡2021/02/24
【中国語 正式に国連世界観光機関の公用語となる】2021/02/24
【国家税務総局の増値税領収書のデータによると、春節期間における消費は持続的に活発で飲食サービス業の売上高増加は比較的速かった】2021/02/22
【新会員をご紹介します】 株式会社フライメディア2021/02/22
【2021年の春節休暇での消費市場は安泰であり販売は盛ん】2021/02/19
【貿易通関・外貨管理】2021/02/18
【WTO新事務局長の任命についての商務部世貿司責任者の見解】2021/02/18
【2020年度乗用車企業の平均燃料消費量と新エネルギー自動車ポイント管理に関する事項についての通知】2021/02/17
【税務関連】2021/02/16
【北京冬季オリンピックに向けた税務局の動き】2021/02/16
12345678910...