【北京だより】12月4日号

12 04 2020

週末、円明園に行く機会がありましたので、冬の円明園の様子をご紹介致します。
円明園は清代の皇室庭園で、1707年(康熙46年)に建てられ、敷地面積は3.5㎢、「万園の園」とも呼ばれています。清帝は真夏になるとここに来て避暑します。1860年、英仏連合軍によって円明園は焼き払われ、その後、匪賊の襲撃も受け、廃墟と化しました。

 

円明園の南門です。

 

南門から入って、綺麗な柳がまず目に入ります。船に乗って柳の落葉を掃除するおじいさんも沢山います。


 

円明園には水辺が多く、冬はとても寒いです。観光客も割と少なく、静かな感じです。水面には枯れた蓮や草等が多いです。


 

道端には北京の伝統的な食べ物や小物等を展示、販売する屋台もあります。

 

南門から30分以上歩いて今回の目的地「西洋楼」に着きました。「西洋楼」は長春園内北側に建設された西洋建築の一群のことであり、乾隆帝の命によって造られ、建築物とともに噴水や西洋式庭園が造られたエリアです。現在見られるのは廃墟と化した遺跡です。


 

「西洋楼」の近くには「黄花陣」もあります。迷路になっていて面白く、ここで遊んでいる学生さんも多いです。


 

今回は時間の関係で「西洋楼」のあたりしか見られませんでした。2時間ほど歩いて円明園の三分の一しか散策できず少し残念です。次回また見学に来ましょう。


以上

最新情報
【最近の商務部の動き】2月2021/03/01
【その他】2021/03/01
【国家発展改革委員会は上海市虹橋地区を国際開放ハブエリアとする方案を発表】2021/03/01
【北京だより】2月26日号2021/02/26
【工業情報化部 劉烈宏副部長がMobile World Congress 2021に出席】2021/02/26
【ご報告】桜美林大学雷海涛教授ゼミナールの大学院生向けオンラインセミナーを開催しました2021/02/26
【産業政策】2021/02/25
【国務院によるグリーン低炭素循環型経済システム構築の加速と健全化に関わる指導意見】2021/02/25
【ご報告】第31回中国ビジネス実務セミナーを開催しました2021/02/25
【ご案内】今後の当機構セミナー予定2021/02/24
【ご報告】商務部 王文涛部長より当機構 佐藤会長への書簡2021/02/24
【中国語 正式に国連世界観光機関の公用語となる】2021/02/24
【国家税務総局の増値税領収書のデータによると、春節期間における消費は持続的に活発で飲食サービス業の売上高増加は比較的速かった】2021/02/22
【新会員をご紹介します】 株式会社フライメディア2021/02/22
【2021年の春節休暇での消費市場は安泰であり販売は盛ん】2021/02/19
【貿易通関・外貨管理】2021/02/18
【WTO新事務局長の任命についての商務部世貿司責任者の見解】2021/02/18
【2020年度乗用車企業の平均燃料消費量と新エネルギー自動車ポイント管理に関する事項についての通知】2021/02/17
【税務関連】2021/02/16
【北京冬季オリンピックに向けた税務局の動き】2021/02/16
12345678910...