【北京だより】11月27日号

11 27 2020

今週、インフルエンザ予防接種のため、北京市内にある外資系クリニック(以下、クリニック)に行きました。今週はその様子をご紹介させていただきます。

当該クリニックは総合的な医療サービスを提供できるハイエンド私立クリニックです。英語や日本語等多言語で対応可能で、また、多数の保険会社の海外医療保険指定拠点でもあり、外国人には人気です。

 

クリニックの外観です。

                                                             

今年新型コロナのせいでインフルエンザワクチンの予防接種も人々に重要視され、例年以上に予約が殺到し、各医療機関ではワクチンがいつも不足状態です。1か月以上待ったおかげで漸く注射を受けることができるようになりました。下図はクリニックの受付台の様子です。

 

受付台で身分証明書やパスポート等を提示し、健康情報などを確認します。人が多い場合、休憩エリアで待つことができます。

 

受付台で情報を登録、確認した後、お医者さんの問診、同意書サインに入ります。個別に問診を実施しますので、呼ばれていない人は休憩エリアで待ちます。お医者さんよりの問診内容は主に健康情報やアレルギー情報の確認、最近別のワクチン接種を受けた経験があるか否か、注射後の副作用及び注意事項等に関しての内容です。問題が無ければ、ワクチン注射同意書に双方がサインします。




 

ワクチン注射同意書にサインした後、注射室に移動します。そこで注射を受けます。注射を受けた後、30分の観察時間があります。30分後問題が無ければ帰れます。インフルエンザ予防接種を受けることができて、少し安心しました。

 

クリニックの廊下です。




 

以上

最新情報
【財政・金融関連】2021/01/20
【商業銀行のインターネットを通じた個人預金業務に関する通知】2021/01/20
【2021年 事務局長 活動報告】2021/01/20
【ご報告】新春中国経済セミナーを開催しました2021/01/20
【ご案内】今後の当機構セミナー予定2021/01/20
【その他】2021/01/19
【国務院は商務部の新たな幹部リーダーを任命】【俞建華商務部国際貿易交渉代表はスウェーデン外務省外交・北欧事務大臣と電話会談】2021/01/19
【産業政策】2021/01/19
【『レアアース管理条例』の草案を発表】2021/01/19
【セミナー】第31回中国ビジネス実務セミナー(2021/2/15-16)2021/01/19
【『中国人民銀行、国家外貨管理局のクロスボーダー融資のマクロプルーデンス調整係数に関する通知 』】2021/01/18
【中国人民銀行、国家外貨管理局が国内企業の対外貸付のマクロプルーデンス調整係数を調整】2021/01/18
【11部門連合で新型コロナ防疫により 本春での 旅客・貨物輸送の保障が不確実になると表明】2021/01/18
【ご報告】特別セミナー(第10回)を開催しました2021/01/18
【『産業用インターネットイノベーション発展行動計画(2021〜2023年)』発布について】2021/01/15
【新会員をご紹介します】 株式会社イノフィス2021/01/15
【北京だより】1月15日号2021/01/15
【10部門 指導意見を発布し汚水の資源化利用の全面推進を実施】2021/01/14
【商務部条約法律司責任者による『外国の法律と措置を遮断する不適切な域外適用弁法』に関する記者会見での回答について】2021/01/13
【商務部など19部門 『対外設計コンサルの高品質な発展の促進に関する通知』を発布】2021/01/12
12345678910...