【北京だより】11月13日号

11 13 2020

今週は「東興楼飯荘」(以下「東興楼」と略称)に行きましたので、店の様子をご紹介いたします。

 

東興楼は清・光緒28年の1902年に創設され、中国八大料理の一つである「魯菜」(山東料理)の代表的な店として有名で、広く知られています。現在北京には四店舗あり、下図は「東興楼」(東直門店)の外観です。看板は清代の著名な書道家 長白鐘蘭の作品です。

 

「東興楼」は100年以上の歴史を有する老舗であり、店の内装も古風な趣です。下図は1階受付台の様子です。

 

今回予約したのは3階の個室です。3階のエレベーターホールには現代の有名な書道家 啓功の作品(店名)が掲げられ、陶磁器やおめでたい瑞獣の像も飾れています。 

 

3階にある個室及び廊下の様子です。

 

廊下の書道作品です。

 

店の人気料理「咯吱肘花」("煎餅”で巻いて食べる)と「香椿苗胡桃仁」です。

 

以上

最新情報
【最近の商務部の動き】2月2021/03/01
【その他】2021/03/01
【国家発展改革委員会は上海市虹橋地区を国際開放ハブエリアとする方案を発表】2021/03/01
【北京だより】2月26日号2021/02/26
【工業情報化部 劉烈宏副部長がMobile World Congress 2021に出席】2021/02/26
【ご報告】桜美林大学雷海涛教授ゼミナールの大学院生向けオンラインセミナーを開催しました2021/02/26
【産業政策】2021/02/25
【国務院によるグリーン低炭素循環型経済システム構築の加速と健全化に関わる指導意見】2021/02/25
【ご報告】第31回中国ビジネス実務セミナーを開催しました2021/02/25
【ご案内】今後の当機構セミナー予定2021/02/24
【ご報告】商務部 王文涛部長より当機構 佐藤会長への書簡2021/02/24
【中国語 正式に国連世界観光機関の公用語となる】2021/02/24
【国家税務総局の増値税領収書のデータによると、春節期間における消費は持続的に活発で飲食サービス業の売上高増加は比較的速かった】2021/02/22
【新会員をご紹介します】 株式会社フライメディア2021/02/22
【2021年の春節休暇での消費市場は安泰であり販売は盛ん】2021/02/19
【貿易通関・外貨管理】2021/02/18
【WTO新事務局長の任命についての商務部世貿司責任者の見解】2021/02/18
【2020年度乗用車企業の平均燃料消費量と新エネルギー自動車ポイント管理に関する事項についての通知】2021/02/17
【税務関連】2021/02/16
【北京冬季オリンピックに向けた税務局の動き】2021/02/16
12345678910...