【北京だより】11月13日号

11 13 2020

今週は「東興楼飯荘」(以下「東興楼」と略称)に行きましたので、店の様子をご紹介いたします。

 

東興楼は清・光緒28年の1902年に創設され、中国八大料理の一つである「魯菜」(山東料理)の代表的な店として有名で、広く知られています。現在北京には四店舗あり、下図は「東興楼」(東直門店)の外観です。看板は清代の著名な書道家 長白鐘蘭の作品です。

 

「東興楼」は100年以上の歴史を有する老舗であり、店の内装も古風な趣です。下図は1階受付台の様子です。

 

今回予約したのは3階の個室です。3階のエレベーターホールには現代の有名な書道家 啓功の作品(店名)が掲げられ、陶磁器やおめでたい瑞獣の像も飾れています。 

 

3階にある個室及び廊下の様子です。

 

廊下の書道作品です。

 

店の人気料理「咯吱肘花」("煎餅”で巻いて食べる)と「香椿苗胡桃仁」です。

 

以上

最新情報
【税務関連】2020/11/24
【市場主体を直接活性化し、経済の双循環を促進する――西部大開発税制優遇政策20年観察】2020/11/24
【その他】2020/11/20
【商務部、東アジア地域包括的経済連携(RCEP)の概要と解釈を発表】2020/11/20
【習近平国家主席が中央全面法治工作会議において重要な演説を行った】2020/11/19
【産業政策】2020/11/18
【海南自由貿易港における一部原材料のゼロ関税政策の通知】2020/11/18
【国家市場監督管理総局は11月10日にネット企業の独占に対する監督強化の草案を発表】2020/11/18
【李克強総理はRCEP署名について「人々は煙霧が立ち込める中で光明と希望を見出した」と表現】2020/11/18
【国家発展改革委員会の責任者が中国発展ハイレベルフォーラム2020に出席しスピーチを行った】2020/11/17
【家庭軼事】~ファミリーヒストリー~⑨2020/11/17
【第三回中国国際輸入博覧会閉幕に際しイベント総括】2020/11/16
【李克強総理のASEAN関連首脳会議出席について外交部がブリーフィングを開催】2020/11/13
【北京だより】11月13日号2020/11/13
【ビジネスマッチング】江蘇省産業技術研究院のご紹介2020/11/13
【『対外貿易の革新発展を進める国務院弁公庁の実施意見』(国弁発[2020]40号)】2020/11/12
【ご報告】投資機構ニュースNo.192が完成しました2020/11/12
【国務院弁公庁印発『対外貿易革新発展の推進に関する実施意見』】2020/11/11
【ご報告】山東省日本特別シンポジュウムに参加しました2020/11/11
【協力と革新、国際石油・ガス貿易の新発展を推進――第9回中国国際石油貿易大会の開幕】2020/11/10
12345678910...